ベトナム最新情報ブログ(現地在住ライターによるベトナムの記事)

市民劇場~ベンタイン市場の目抜き通り「レロイ通り」

2016年11月02日(水)

市民劇場からベンタイン市場まで繋ぐ「レロイ通り」は、外国人旅行客のメインストリートの一つ。お洒落な雑貨店やカフェレストランなどが並ぶ幅広い大通りで、2016年にはサイゴンセンター内に高島屋が営業開始したことでも注目されています。

ホーチミン中心のお洒落な雑貨店。充実度は市場並み。「ココ」

2016年11月01日(火)

ホーチミン観光のメインストリートであるドンコイ通り界隈に建つお洒落な雑貨店。サンダルや洋服など店名のロゴが入ったオリジナルブランドが充実しています。デザインセンスは日本のトレンドに合っているため、単なるベトナム土産ではなく、日常に使える実用的アイテムが揃っているのが魅力。今回は雑貨店「ココ」をご紹介します。

ホーチミンでアメリカンスタイル。レストランバー「モルト」

2016年10月31日(月)

ホーチミンにあるレストランバー『モルト』は、昼間からお酒が飲める人気のアメリカンバー。欧米人客が多く、彼らと一緒にビールを飲み交わしながらアメリカンゲームに興じる時間はいかがでしょうか。扱う料理ももちろんアメリカ料理。ホーチミンの中心で欧米情緒を満喫していってください。

ホイアン旅行者は是非!オーダーメイドも生地の調達も「ホイアン布市場」で

2016年10月30日(日)

世界遺産のホイアン旅行者は是非足を運んでほしい「ホイアン布市場」。生地を扱う店が数十と並んでいて、いずれの店で生地の調達からオーダーメイドまでできます。店によって特徴も違うので、一軒一軒吟味してみるのがいいでしょう。

ホーチミンの中心。ドンコイ通りの夜を散歩

2016年10月29日(土)

ベトナムホーチミン市の中心を走るドンコイ通り。朝から夜まで外国人旅行者が行き交うベトナム最大のショッピングストリート。今回は、夜の帳が下りたドンコイ通りを歩いてみました。昼間とは少し違った風景を見ることができます。

ホイアン伝統の木彫りと陶磁器の村を見学

2016年10月28日(金)

ベトナム中部、世界遺産のホイアンの町から高速ボートで対岸へ。古くから続く木彫りと陶磁器の村へ到着します。村人のほとんどが何かしら木彫りもしくは陶磁器の仕事に従事ていて、ここで生産されるものは各地のショップに卸されます。ここでは素朴な村と実際の作業現場を観光することができます。

ハノイの名物雷魚の油鍋の名店「チャーカー・タンロン」

2016年10月27日(木)

ハノイの名物である『チャーカーラーヴォン』の名店といえばここ『チャーカータンロン』。旧市街の端っこでこっそりと営業している小規模店ですが、現地では知らない人がいないほどの人気店。メニューはこれ一つのみ。旧市街の散策がてら立ち寄ってみてください。

金曜から日曜のハノイ旅行の夜はこれで決まり!「週末ナイトマーケット」

2016年10月26日(水)

ハノイの旧市街で毎週金曜から日曜にかけて開催されるウィークエンドナイトマーケット。ハノイ市の中心部で開催されるので、旅行者は滞在中必ず一度は訪れてほしいナイトスポットの一つでもあります。現地のベトナム人に交じってお土産を物色し、屋台グルメを堪能。ベトナムの魅力がぎゅっと詰まったハノイの旧市街ナイトマーケットをご紹介します。

ホーチミン中心の隠れた目抜き通り。「リートゥチョン通り」

2016年10月25日(火)

ホーチミンのメインストリートといえば、ドンコイ通りがその象徴。今回紹介するリートゥチョン通りはあまり知られていない通りですが、1日中旅行客が行き交う目抜き通りの一つでもあります。スパやホテルが並ぶリートゥチョン通りは、旅行者なら必ず押さえておきましょう。

チョロン観光で立ち寄ろう。「ダムセン公園」

2016年10月24日(月)

ホーチミン西部の中華街チョロン方面には、「ダムセン公園」という遊園地があります。午後の昼下がりには日向ぼっこやシートを広げてお弁当を食べている素朴な現地人の様子もうかがうことができます。チョロン観光のついでに少しでもいいので遊んでいってはみませんか。今回はダムセン公園をご案内します。

カテゴリー別記事一覧

  • ベトナム さくっと 早わかり!
  • カンボジア さくっと 早わかり!