ベトナム旅行専門店 ベトナム王

ベトナム国内における新型コロナウイルス関連発表

令和2年2月26日掲載

在ベトナム日本国大使館

●2月26日現在、ベトナム国内における新型コロナウイルス陽性事例は計16名(全員治癒)とされています(2月14日以降、新規感染症例なし。)。

●2月25日、フック首相は、新たな「COVID-19予防促進に関する首相指示」を発出しましたが、26日現在、日本が、入国制限措置等の対象になったとの情報には接していません。

●ベトナム政府は現在、空港において、発熱・咳などの症状がある全ての外国人に帰国勧告や強制隔離を行っています。また、日本人を含む外国人の滞在先や勤務先において、居住登録の有無や中国への渡航歴を確認する作業等を行っています。

●邦人の皆様におかれては、ベトナム当局の各種発表に留意しつつ、正確な情報の把握に努め、以下4の保健省勧告を参照の上、手洗い、うがい、マスクの着用等、引き続き通常の感染症対策をお願いします。

1 ベトナムにおける感染状況
ベトナム保健省の発表によれば、2月26日現在におけるベトナム国内での新型コロナウイルスの陽性事例は計16名(全員治癒)です。なお、2月14日以降、新規の感染症例は確認されていません。

2 日本を対象とした措置
2月25日、フック首相は、「COVID-19予防促進に関する首相指示(第10号)」を発出しました。この中で、「韓国、日本、イタリア、イランをはじめとする世界各国ではCOVID-19の感染拡大が予測不可能かつ複雑に推移している。」と指摘し、感染地域からの入国者に対する一時的な入国禁止措置等、現在ベトナムが取っている感染予防措置を発生国に対して早急に通知するよう指示しましたが、26日現在、日本人や日本からの渡航者が入国制限措置等の対象になったとの情報には接していません。

 
3 ベトナム政府による検疫強化措置等
2月26日現在、ベトナム政府は以下の措置を実施・強化しています。

(1)(日本からの渡航者に限らず)全ての外国からの渡航者に対し、空港で、発熱・咳・呼吸困難の症状が確認された場合、帰国するよう勧告する。
 同勧告に従わず入国を希望する場合は、医療機関で強制的に隔離する。
 
 (2)宿泊施設では、宿泊者に対する検温が行われ、発熱が確認された場合には病院にかかることを求められる。
 
 (3)日本人を含む外国人の滞在先や勤務先で、パスポートの提出を求めるなどし、 居住登録の有無や中国への渡航歴等を確認する。
 
4 ベトナム保健省の感染防止のための勧告(1月31日付)
(1)発熱、咳、息切れがある場合は旅行、出張を避ける。疑わしい症状がある場合は直ちに診療所を受診し、旅行や出張の場合はスケジュールを医療従事者と共有する。 

(2)発熱、咳のある人との接触を避ける。 目、鼻、口を手で触るのを避け、石鹸でよく手洗いする。 

(3)咳やくしゃみをする時は、分泌液の飛沫を抑えるために、布やハンカチで口や鼻を覆う。

(4)旅行中に症状がある場合は、すぐに航空、鉄道、自動車の担当者に通知し早めに医療機関を
受診する。 

(5)調理済みの食品のみを使用する。 

(6)公共の場や人前で無差別に吐き出さない。 家畜や野生動物との密接な接触を避ける。

(7)大勢の人々がいる場に行くとき、または症状のある人と接触するときはマスクを着用する。
 

ベトナム国内における新型コロナウイルス関連発表

令和2年2月26日掲載

ベトナム文化・スポーツ観光部

【ベトナム、感染流行地域からの入国者に入国拒否措置を適用】
中国・湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行が韓国などでも拡大していることを受け、グエン・スアン・フック首相は25日、韓国などの感染流行地域からの入国拒否に関する指示書を公布した。 

首相はこの中で、韓国をはじめ新型コロナウイルスの感染が確認された国で感染者の多い地域(都市)からの入国者、および感染流行地域経由での第三国からの入国者に対し、入国拒否措置を適用することを指示した。 

現在のところ、韓国ではテグ(大邱)市と慶尚北道が入国拒否の対象となっている。大邱・慶尚北道・COVID2019感染地域への渡航歴(乗り継ぎを含む)がある旅客はベトナム入国の際には14日間隔離措置が取られる。日本の感染流行地域も対象になるとみられるが、現時点で詳細は明示されていない。

*日本からのフライト、入国者に対し、2020年2月26日現在までのところ入国拒否措置などの適用はないとの事です。(イミグレーションへ確認済)

但し、空港で発熱・咳・呼吸困難の症状が確認された場合、帰国するよう勧告されます。


また、公務執行や特別な目的でベトナムに入国する感染流行地域からの入国者、および感染流行地域経由での第三国からの入国者については、入国は認めるが、健康申告を義務付けるとともに、14日間の隔離措置を適用する。

ベトナム国内における新型コロナウイルス関連発表

令和2年2月24日掲載

在ベトナム日本国大使館

●2月24日現在、ベトナム国内における新型コロナウイルス陽性事例は計16名(うち15名は治癒)となっています。 
 
●23日付け当地報道等は、新型コロナウイルスに関連し、ベトナム当局が日本人等に対する措置を検討している旨報じています(以下2参照。なお、具体的内容が確認でき次第お知らせ予定。)。 

●また、ベトナム保健局は、現段階ですべての外国人に対し、空港で発熱・咳等が確認された場合、帰国勧告や14日間の隔離措置を取っています(以下3参照)。 

●ハノイ市、ホーチミン市を含むベトナム全土の多くの教育機関が2月末まで休校中ですが教育訓練省は、3月2日からの学校再開を各人民委員会に要請しました(以下4参照)。 

●邦人の皆様におかれては、ベトナム当局の各種発表に留意しつつ、以下5の保健省勧告を参照の上、手洗い、うがい、マスクの着用等、引き続き通常の感染症対策をお願いします。 

1 感染状況
ベトナム保健省の発表によれば、2月24日午前現在におけるベトナム国内での新型コロナウイルスの陽性事例は計16名(うち15名は治癒)です。なお、2月14日以降、新規の感染症例は確認されていません。 

2 日本人を対象とする措置等(報道等ベース)
2月23日付け当地報道等によれば、同日にハノイ市人民委員会が新型コロナウイルス対策に関する緊急会合を開催し、同市に在留又は観光する日本人をはじめとする外国人の管理強化を発表した旨概要以下のとおり報じています。

なお、当該措置の詳細については、当館からベトナム関係機関に確認中であり、確認でき次第当館ホームページ及び領事メールにてお知らせします。

(1)ベトナム国営放送
2月24日から、ハノイ市に在留又は観光中の韓国人及び日本人について、滞在先の調査・特定作業を行う。
https://vtv.vn/trong-nuoc/ha-noi-thuc-hien-giam-sat-y-te-voi-nguoi-den-tu-han-quoc-nhat-ban-20200223184702984.html

(2)トゥオイチェー紙
ハノイ市保健局次長は、韓国及び日本の感染地域から来た外国人については自宅隔離、同地域から帰国したベトナム人は、医療機関において隔離することを提案した。
https://tuoitre.vn/ha-noi-de-nghi-cach-ly-nguoi-den-tu-vung-dich-han-quoc-nhat-ban-14-ngay-20200223191200694.html


(3)ハノイ市人民委員会ホームページ
○ハノイ市人民委員会は、市内各地域の公安に対して外国人、特に中国人、韓国人、日本人、シンガポール人に対する管理を強化するように指示。

○外国人居住者の多い地域では、外国語での宣伝活動を行うことを指示。特に、集合住居での(外国人)居住者の確認を行い、リストを作成すること、住居への出入りの際には消毒をすることを義務付けた。

○2月18日以降に感染地域から戻ったベトナム人を特定し、自覚、コミュニティに対する責任を持ち、行動についての情報共有するよう求めた。

3 ベトナムの空港での検疫状況
2月24日現在、ベトナム保健省による検疫強化策から以下の措置が取られています。 

(1)(日本からの渡航者に限らず、)すべての外国からの渡航者に対し、空港で発熱・咳・呼吸困難の症状が確認された場合、帰国するよう勧告を発出する。

(2)同勧告に従わず入国を希望する場合は、医療機関での14日間の隔離を強いる。 

4 ベトナム国内の休校状況
(1)2月14日、ベトナム教育訓練省は、各地方の人民委員会に対し、休校の延期を要請し、24日現在、ハノイ市、ホーチミン市を含むベトナム全土の多くの教育機関が2月末まで休校中。 

(2)教育訓練省は3月2日からの学校再開を各人民委員会に要請。

5 ベトナム保健省の感染防止のための勧告(1月31日付)
(1)発熱、咳、息切れがある場合は旅行、出張を避ける。疑わしい症状がある場合は直ちに診療所を受診し、旅行や出張の場合はスケジュールを医療従事者と共有する。 

(2)発熱、咳のある人との接触を避ける。 目、鼻、口を手で触るのを避け、石鹸でよく手洗いする。

(3)咳やくしゃみをする時は、分泌液の飛沫を抑えるために、布やハンカチで口や鼻を覆う。 

(4)旅行中に症状がある場合は、すぐに航空、鉄道、自動車の担当者に通知し早めに医療機関を
受診する。

(5)調理済みの食品のみを使用する。

(6)公共の場や人前で無差別に吐き出さない。 家畜や野生動物との密接な接触を避ける。 

(7)大勢の人々がいる場に行くとき、または症状のある人と接触するときはマスクを着用する。

 

ベトナム国内における新型コロナウイルス関連発表

令和2年2月20日

【新型コロナ、ベトナム国内感染者16人中15人が完治】
中国・湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる感染症(COVID-19)は、これまでにベトナム国内で16人の感染者が見つかっているが、20日の時点で、このうち14人が既に退院している。この中には、国内最年少の感染者となった生後3か月の乳児も含まれる。

退院していない2人のうち、ホーチミン市チョーライ病院に入院している米国在住の越僑男性(73歳)は完治しており、21日に退院予定。

残る1人は、北部紅河デルタ地方ビンフック省ビンスエン郡ソンロイ村で13日に感染が確認された50歳の男性。この男性は、武漢研修から帰国後に陽性判定を受けた日系企業従業員の女性(23歳)の父親。当局は13日、感染者が集中するソンロイ村を封鎖して全村民を隔離。これ以降、ベトナム国内では新たな感染者が見つかっていない。なお、ベトナムでは新型コロナウイルス感染拡大防止のため、全国ほとんどの教育施設において2月3日から2月29日まで休校措置が適用されており、休校措置は3月末まで延長となる可能性もある。
 
【ホーチミン:新型コロナ感染疑い例ゼロ、感染者3人も全員完治】
ホーチミン市では、新型コロナウイルス感染の疑いにより32人が隔離されていたが19日までに全員が検査で陰性と判明し、同市の感染疑い例はゼロとなっている。同市疾病管制センターが明らかにした。感染が疑われるのは、感染者または流行地域から来た人に接触した後14日以内に発熱や咳などの症状が現れた場合。
感染疑いのほかに感染者と接触したが症状のなかった44人については、14日間の経過観察でも発熱や咳などの症状は現れなかった。流行地域から来た人について、28人がクチ郡の仮設病院で隔離されている。別の54人も区・郡の医療施設で隔離されているが、このうち36人は14日間の経過観察を経て、発熱や咳などの症状はないことが確認された。また、2961人が自宅または宿泊施設で隔離され、このうち2792人は14日間の経過観察で発熱や咳などの症状がなかったが、残る169人は引き続き経過観察中。

【F1ハノイグランプリは予定通り4月に開催】
ハノイ市観光局のチャン・チュン・ヒエウ副局長は同市共産党委員会の会議で、新型コロナウイルスの影響が懸念されている「F1ハノイグランプリ」について言及し、現時点では中止も延期も考えていないと明らかにした。 自動車レースの世界選手権「フォーミュラ1」のF1ハノイグランプリは、4月3日から5日にかけて開催が予定されている。ヒエウ副局長は、F1ハノイグランプリについて、2020年の重要な国際イベントと位置付けており関連機関や宿泊施設などと連携して、安全な開催を目指すとした。
 

ベトナム国内における新型コロナウイルス関連発表

令和2年2月14日掲載

在ベトナム日本国大使館

●2月14日現在、ベトナム国内における新型コロナウイルス陽性事例は計16名(うち7名は治癒)となっています。

●また、ベトナム保健省は2月13日付で、新型コロナウイルスの流行拡大を阻止するため
ビンフック(Vinh Phuc)省ソンロイ(Son Loi)村に対し、2月13日から20日間、隔離検疫措置を取る旨を発表しました。

●邦人の皆様におかれては、同村への立ち入りに御注意いただくとともに(以下2(3)参照)
引き続き以下3の保健省勧告を参照の上、手洗い、うがい、マスクの着用等、通常の感染症対策に御留意ください。 

1 感染状況
ベトナム保健省の発表によれば、2月14日午前現在におけるベトナム国内での新型コロナウイルスの陽性事例は計16名(うち7名は治癒)です。

2 ベトナム保健省のソンロイ村隔離に関する発表(2月13日付)
2月13日、ベトナム保健省は、新型コロナウイルスによる急性呼吸器感染症の流行拡大を阻止するため、これまでに6人の陽性確定者が確認されている人口1万人のビンフック(Vinh Phuc)省ソンロイ(Son Loi)村について、以下のとおり隔離検疫措置を取る旨を発表しました。

(1)新型コロナウイルスの流行拡大を阻止するため、ビンフック(Vinh Phuc)省ソンロイ(Son Loi)村について、ゾーニングと隔離を実施する。
 
(2)隔離期間は、2月13日から20日間とする。
 
(3)ソンロイ村に出入りする道路上に、12か所の検問所を設置し、感染拡大防止のため昼夜を問わず検査部隊を配置する(特別な場合のみ、当局職員の同意と監督の下、ソンロイ村への出入りが可能。)。
 
(4)地域社会への感染拡大を防ぐため、ゾーニング及び隔離期間中、住民は食事、休養等の日常的活動は隔離地域内で行う。
 
3 ベトナム保健省の感染防止のための勧告(1月31日付)
(1)発熱、咳、息切れがある場合は旅行、出張を避ける。疑わしい症状がある場合は、直ちに診療所を受診し、旅行や出張の場合はスケジュールを医療従事者と共有する。 
 
(2)発熱、咳のある人との接触を避ける。目、鼻、口を手で触るのを避け、石鹸でよく手洗いする。 

(3)咳やくしゃみをする時は、分泌液の飛沫を抑えるために、布やハンカチで、口や鼻を覆う。

(4)旅行中に症状がある場合は、すぐに航空、鉄道、自動車の担当者に通知し、早めに医療機関を受診する。
 
(5)調理済みの食品のみを使用する。
 
(6)公共の場や人前で無差別に吐き出さない。 家畜や野生動物との密接な接触を避ける。
 
(7)大勢の人々がいる場に行くとき、または症状のある人と接触するときは、マスクを着用する。
 

ベトナム国内における新型コロナウイルス関連発表

令和2年2月7日掲載

在ベトナム日本国大使館

●2月5日、ベトナム外務省は、外交・公用用務を除き、過去14日以内に中国に滞在
 又は渡航歴のある外国人のベトナム入国を一時的に認めない旨を発表しました。

●また、ベトナム民間航空総局は、2月3日付で各国航空官署及び航空会社等に対し
 同様の通知を発出しています。

●つきましては、上記を踏まえ、中国への渡航・滞在歴を有する邦人の皆様おかれては
 ベトナム入国に当たって十分御注意願います。

1 ベトナム外務省の発表
ベトナム外務省は、2月5日付同省領事局のホームページで、過去14日以内に中国への
渡航・滞在歴のある外国人への入国拒否につき、次のとおり発表しました。

○中国において感染が確認されている各省・都市に滞在する外国人に対し、旅行、就労
 留学、親族訪問等目的でのベトナム入国を一時的に拒否する。

○中国以外からベトナムに入国する外国人が、ベトナム入国前14日以内に中国に渡航
 滞在歴がある場合、一時的に入国を拒否する対象とする。

○外交・公用の目的でベトナムに入国する外国人は、入国地点で医療検査を受け、
 入国条件を満した場合に限り入国可能とする。
 

(ベトナム外務省ホームページ)
https://lanhsuvietnam.gov.vn/Lists/BaiViet/B%C3%A0i%20vi%E1%BA%BFt/DispForm.aspx?List=dc7c7d75%2D6a32%2D4215%2Dafeb%2D47d4bee70eee&ID=1007&Source=%2FLists%2FBaiViet%2FDispForm%2Easpx%3FID%3D1007

 
2 ベトナム民間航空総局の通知
ベトナム民間航空総局は2月3日付で各国航空官署及び航空会社等に対し
次のとおり通知を発出しています。

○ベトナム入国前14日以内に、中国本土に滞在又は渡航した履歴のある外国人は
ベトナム国際空港での入国を承認しない。
 

ベトナム国内における新型コロナウイルス関連発表

令和2年2月5日掲載

在ベトナム日本国大使館

●2月5日現在、ベトナム国内における新型コロナウイルス陽性事例は計10名となっています。

●邦人の皆様におかれては、引き続き以下2の保健省勧告に留意の上、手洗い、うがい等の
通常の感染症対策に御注意ください。
 
●なお、2月3日、ベトナム文化スポーツ観光省は、中央直轄各市及び各省の人民委員会に対し
以下3のとおり祭典の中止や歴史・文化遺跡、観光名所などの活動を一時停止するよう通知しました。

1 感染状況
ベトナム保健省の発表によれば、2月4日現在におけるベトナム国内での新型コロナ
ウイルスの陽性事例は計10名となりました。

2 ベトナム保健省の勧告(1月31日付)
(1)発熱、咳、息切れがある場合は旅行、出張を避ける。疑わしい症状がある場合は
    直ちに診療所を受診し、旅行や出張の場合はスケジュールを医療従事者と共有する。

(2)発熱、咳のある人との接触を避ける。 目、鼻、口を手で触るのを避け
    石鹸でよく手洗いする。

(3)咳やくしゃみをする時は、分泌液の飛沫を抑えるために、布やハンカチで
    口や鼻を覆う。

(4)旅行中に症状がある場合は、すぐに航空、鉄道、自動車の担当者に通知し
    早めに医療機関を受診する。

(5)調理済みの食品のみを使用する。

(6)公共の場や人前で無差別に吐き出さない。 家畜や野生動物との密接な
    接触を避ける。

(7)大勢の人々がいる場に行くとき、または症状のある人と接触するときは
    マスクを着用する。

3 ベトナム文化スポーツ観光省の通知
2月3日、ベトナム文化スポーツ観光省は、中央直轄各市及び各省の人民委員会に
対し、新型コロナウイルス対策に関する以下の通達を発出しました。

(1)感染症の発生を発表した省市におけるすべての祭典
    (既に始まった祭典も含む。)を中止する。

(2)大勢の人が集まることを避けるために、各歴史・文化遺跡、観光名所など
   (任務を実施する場合を除く。)の活動を一時停止するととともに、早急に
   住民、観光客に周知する。

(3)祭典、歴史・文化遺跡、観光名所等における新型コロナウイルスによる肺炎予防の
    強化に関する首相の指示及び通達、文化スポーツ観光省の通達が確実に執行される
    ことを確保するために、監査、違反処理(ある場合)等を強化する。
  

ホームページ:https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_09267.html

【ベトナム王】現地在住ライターによるベトナムの記事
「新型コロナウイルスのベトナム現地情報と観光の注意点」
https://vietcam-oh.com/blog/local/2020/02/001123.html

ベトナム国内における新型コロナウイルス関連発表

令和2年2月2日掲載

在ベトナム日本国大使館

 ●今般、ベトナム保健省からホーチミン市での新たな感染者に係る発表があり、ベトナム国内に
 おける新型コロナウイルスの陽性事例は計7名となりました。
 
●また、1月31日、ベトナム政府首相府は関係省庁及び地方政府に対し、新型コロナ
 ウイルスへの対応について、今後取るべき措置につき以下のとおり指示しました。

●更に、同日、ベトナム保健省は、国民向けに感染防止のため以下の勧告を発出しています。

●つきましては、邦人の皆様におかれては、以下の保健省勧告とともに、日本の厚生労働省は
 以下のとおり、マスクの着用や手洗いの徹底などの通常の感染症対策に努めるよう注意を
 呼びかけておりますので御留意ください。

1 感染状況
ベトナム保健省の新たな感染者に係る発表要旨は以下のとおりです。
○2月1日、ホーチミン保健局は、米国から武漢空港経由でタンソンニャット空港に到着した
 73歳の米国籍者1名について、新型コロナウイルスに感染していることを発表した。
 これによりベトナム国内における新型コロナウイルスの陽性事例は計7名となった。

○患者は1月16日にホーチミン市に到着し、宿泊先ホテルでの咳の症状から、同31日に
 市内の熱帯病院を受診し、感染が確認された。

○患者が宿泊したホテルは、現地の「コロナウイルス迅速対応チーム」により消毒が行われ
 従業員と宿泊客の計14名は、2月15日まで経過観察のため隔離措置が取られた。

2 ベトナム首相府から関係省庁への指示

(1)1月31日、ベトナム政府首相府は、ホームページにおいて、グエン・スアン・フック
   首相名で関係省庁及び地方政府への指示事項として、今後取るべき措置を公表
   しているところ、要旨以下のとおりです。

○全ての中国の感染地域を結ぶフライト運行を、首相が特別に決定するものを例外
 として一時的に停止する。

○中国に過去2週間滞在していた中国人を含む外国人旅行者への観光ビザ発給を
 一時的に停止する。

○首相が特別に許可したものを例外として、これから行う祭典は中止する。

○国民に公共の場でマスクを着用し、祭典の催しへ参加しないよう要請する。

〇政府より各教育機関に対し、コロナウイルスの影響を受け、2月3日より
 1週間は全校休校との通知を行う。

(2)なお、上記指示を受けたものと考えられる以下の措置が、保健省ホームページ
   及び報道にて確認されています。

○新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、ハノイ市は2月1日及び2日に
 全学校に消毒剤散布を実施することを発表(保健省HP)。

○中国全土向けの航空便に関し、ベトジェットは2月1日以降、ベトナム航空
 及びジェットスターは3日以降の便から、順次運行を停止(報道)。

○ベトナム政府は、新たな患者の発生を受けて、ベトナムを訪れようとする
 中国人観光客に対するビザの新規発給を停止(報道)。

3 ベトナム保健省の勧告

1月31日、保健省は、国民向けに以下の勧告を出しています。

(1)発熱、咳、息切れがある場合は旅行、出張を避ける。疑わしい症状がある場合は
    直ちに診療所を受診し、旅行や出張の場合はスケジュールを医療従事者と共有する。

(2)発熱、咳のある人との接触を避ける。 目、鼻、口を手で触るのを避け
    石鹸でよく手洗いする。

(3)咳やくしゃみをする時は、分泌液の飛沫を抑えるために、布やハンカチで
    口や鼻を覆う。

(4)旅行中に症状がある場合は、すぐに航空、鉄道、自動車の担当者に通知し
    早めに医療機関を受診する。

(5)調理済みの食品のみを使用する。

(6)公共の場や人前で無差別に吐き出さない。 家畜や野生動物との密接な接触を避ける。

(7)大勢の人々がいる場に行くとき、または症状のある人と接触するときは
   マスクを着用する。

4 厚生労働省の国民向けメッセージ

日本の厚生労働省は、同省ホームページにて以下のとおり国民向けに注意を呼びかけています。

○新型コロナウイルス感染症は、我が国において、現在、流行が認められている状況
 ではありません。国民の皆様におかれては、風邪や季節性インフルエンザ対策と同様に
 お一人お一人の咳エチケットや手洗いなどの実施がとても重要です。
 感染症対策に努めていただくようお願いいたします。
  

ホームページ:https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_09267.html

【ベトナム王】現地在住ライターによるベトナムの記事
「新型コロナウイルスのベトナム現地情報と観光の注意点」
https://vietcam-oh.com/blog/local/2020/02/001123.html

topへ戻る