ベトナム旅行専門店 ベトナム王

スタッフ研修レポート

 
 

DA NANG MKAZUKI JAPANESE RESORTS &SPA

東京支店スタッフ 2022年7月

 

DA NANG MKAZUKI JAPANESE RESORTS &SPA ホテルレポート

ロビーは4階でした。
朝食会場のレストランは3階でした。

今回見させていただいたお部屋
.妊薀奪スルーム(宿泊したお部屋の感想も含む)
※プレミアデラックスルームとの違いはお部屋の広さのみ
今回わたしは21階のお部屋に宿泊させていただきました。
このお部屋はDANANG MIKADUKIではボトムのカテゴリーとなっているため、70屬里箸討盥いお部屋で驚きました。

入ってすぐ、長机とウォークインクローゼットがあり、荷物を置いたり、スーツケースの中をあけて、整理整頓などがとてもしやすかったです。利便性を感じました。

テレビもベッドの目の前にあり角度を変えることが出来ます。
ベッドもキングサイズでとても大きかったです。

ベッド周りにはコンセントとUSBタイプのコンセントもあり、両サイドにありました。
お部屋のなかには9箇所にもコンセントがありました。

シンクはWシンクとなっており、鏡も大きく使いやすかったです。
アメニティやヘアドライヤーも完備されていました。

シャワールームはお部屋の中にあり、レインシャワーと手持ちシャワーがついておりました。バスタブは、バルコニーにあり露天風呂になっておりました。バスタブの目の前には柵のようなものもあり、その先はビーチになるので外から丸見えの状態では無かったです。また、バルコニーにはバスタブの横にデイベッドが2つありました。お風呂上りにデイベッドでゆっくり過ごすのも最高です!個人的に夜だと景色が見えないので、明るい時にお風呂にはいるのがオススメです。(私は朝風呂にしました)

お部屋のベッドからも目の前のビーチを眺めることが出来ました。

▲廛譽潺▲侫.潺蝓璽襦璽
※ファミリールームとの違いはベッドボードの幅のみ(写真2枚目)
デラックスルームのお部屋にツインとキングのベッドを置いたようなお部屋でした。
今回見させていただいたお部屋の中では一番コンパクトに感じるお部屋でした。
ファミリーのお客様はもちろん、グループ旅行のお客様にもオススメなお部屋です。

スイートルーム
リビングルームとベッドルームが2つのお部屋です。
広さと使いやすさがオススメのお部屋なのでファミリーのお客様にご紹介したいお部屋です。
まずは青を基調としたリビングルーム

2つのベッドルーム
ツインとキングのベッドタイプでした。
キングベッドのお部屋のテレビは写真の木の机からリモコン操作で出てくるものとなっておりました。とてもハイテクです!

デラックスルームと同様に、シャワールームはお部屋の中、バスタブはバルコニーにありました。バスタブが岩の素材になっておりました。バルコニーの広さは、デラックスルームの2倍ほど広くなっておりました。

Meeting ROOM
SAKURA(SAKURA1.2あり 部屋をつなげると60-80名)

NIPPON (NIPPON1.2.3あり 部屋をつなげると20名−800名)
(着席 600 立食 1000)
とても広いMeeting roomでした。日本×ベトナムらしさを感じました。

ホテルの敷地内には、五重塔やベトナム版の東照宮など日本を感じられるスポットがたくさんありました。

プールは2つあります。
22階の最上階の温水プール
ウォーターパク365施設内に1年中営業している屋内温水プール

22階の最上階の温水プール
インフィニティプールです。

温泉ジャグジーもありました。

プールバーも楽しむことが出来ます。

プールサイドにはシャワーがあり、女性専用のロッカールームが完備されておりました。

ウォーターパク365施設内に1年中営業している屋内温水プール
今回は営業中に見ることが出来ず、入り口付近からの写真しかありませんが、
中はとても広く、屋内に流れるプールやウォータースライダーなどもあり、小さいお子様のいるファミリーのお客様にはオススメしたいと思いました。また、温水プールなので親御様も一緒に楽しんでいただけるのではないかなと思いました。

The Blueレストラン(朝食会場)
ビュッフェスタイルで洋食がメインでしたが、ベトナム料理もありました。
とても清潔感があって料理もとても美味しかったです。

 

topへ戻る