ベトナム旅行専門店 ベトナム王

スタッフ研修レポート

 
 

【レポ】ベトナム旅行専門店スタッフが本音で語るベトナムとは。

東京支店スタッフ() 2020年6月

 

ベトナムの魅力とは、何故ベトナムを勧めるのか?

・ 多くの世界遺産があるため、その都度新しい発見がある。
・ 食べ物がおいしいこと。ベトナム料理は味付けがマイルドなのが特徴的で日本人になじみやすい。
・ 買い物できる場所が多いこと。街中の市場からスーパー、百貨店やブティックまで様々な品物が揃っていること。
・ 東南アジアでありながらも、ノスタルジックな異国情緒が味わえること。
ハノイやホーチミンの街中には、フランス統治時代に建てられた迎賓館やオペラウ
ス、教会など多くのクラッシックな建築物が現存している。

ベトナムへの旅行を選んだ理由、ベトナム専門店の旅行会社を選んだ理由

・ 物価が安いこと。また、日本と比べて人件費が安いので、タクシーやエステなどのサービスを安く受けることができる。
・ 買い物天国であるベトナムでは市場も豊富である。買い物好きな私には、想像するだけでわくわくする。
・ ベトナム料理が好きなため、本場のフォーや生春巻きを食べに行きたい。
・ 専門旅行会社だけあって、ツアーの内容や価格・情報量が豊富であること。
・ HPがカラフルで見やすいため、見ているだけで現地へ行きたくなる。
・ 実際訪れた人の口コミも参考にできる。

ベトナムと多方面の違い、良い点、悪い点

良い点          
・ベトナムでは規模の大きい市場が数か所あり、買い物をする場所が充実しているところ。
・市場などでは値段交渉が可能なところも多く、店員さん相手に値切りながらの 買い物も楽しめる。
・ベトナムの民族衣装であるアオザイのオーダーができる。
・ほとんどの観光地や飲食店でWi-Fiに無料で接続することができる。
・物価が安いため観光・食事・レジャーを思う存分、楽しむことができる。
  
悪い点 
・都市部(ホーチミンやハノイの中心部)では交通渋滞が発生することが多々ある。
・信号が配備されていない場所があるため、多少の危険を感じる。インフラが他国と比べて劣っていると思った。
・東南アジアあるあるだが、タクシーのぼったくりや客引きをする人がいること。

ベトナムで興味のあるホテル、泊まってみたいホテル 5つ 

1. インターコンチネンタル ハノイ ウェストレイク
クラシカルな建物が特徴的で、よりリゾート感を感じさせてくれる。
ホテルからハノイ市内中心部からまで車で約10分で行ける好立地のため、夜遅くまで遊んでいたとしても、ホテルまで近いので安心だと思った。
アメニティが充実しているため、わざわざ自分で持っていく必要がないのもポイントが高い。

2.フラマ リゾート ダナン
設備が充実していてナイトクラブ、ラグーンプールとボールルームがあり、ホテル内でたくさんの楽しみ方があると感じたから。すべての客室から海を一望することができるのも魅力的だ。
またビューティトリートメント、トルコ式ハンマームとマッサージを楽しみながらくつろげる空間があるので体験してみたいと思った。

3.フュージョンリゾートフーコック
全客室に、プライベートプールのほかにWiFiやバルコニーが備わっているため普段味わえない贅沢を感じられそうだ。客室にプライベートプールがあるホテルにいつか泊まってみたい。
フーコック国立公園やオンランビーチが近くにあるため、美しい自然を堪能することができるのも魅力的だと思った。

4.ソルビーチハウス リゾート フーコック
3つのビルディング棟に分かれていて、海をイメージしたカジュアルシックなデザインがお洒落だと思ったから。また市内の観光スポットへも簡単にアクセスでき、フーコック島観光にも最適なロケーションだから。友達や家族と泊まってみたい。

5.インターコンチネンタル フーコック ロングビーチリゾート
ホテルのエントランスが近代的でおしゃれだ。またホテルの内装が開放感ある構造になっていて、吹き抜けの上から眺める景色が高級感あって素敵だと感じた。
ここへ宿泊したら、バルコニーから美しい景色や海を一望したい。

ベトナムで興味のオプショナル、行ってみたい観光地 3つ 理由

1.N14-5世界遺産ハロン湾クルーズ (1泊2日) EMERAUDE号
クルーズ船での旅に興味があったから。世界遺産であるハロン湾を二日間に渡り満喫できると感じたから。クルーズ船に泊まったことがないので日帰りではなく宿泊コースを選択した。

2.AOD-HANWDCAC ベトナム伝統民族衣裳「アオザイ」を着て街歩き!【日本語ガイド&専用車付プラン】 アオザイ7時間レンタル付(ハノイ)  
ベトナムの伝統衣装であるアオザイを着て街中を散歩したり、写真を撮ってみたいと思ったから。伝統衣装を着ることでよりベトナム気分を感じられそうだ。また民謡の鑑賞やココナッツキャンディー工房、蜂蜜工房などを見て回ることができるため、ベトナムの伝統文化に触れることができるのも興味深い。

3.S33見どころ満載! ミトーとクチ観光
ホーチミンの主要観光スポットであるクチトンネルとメコン川を効率良くまわることができるから。アクティビティが大好きな私はメコン川クルーズを体験してみたいと思った。

ベトナムで興味や気になるお店やスポット(やってみたいことでも可)

1.ホイアンで毎月開催されるランタン祭りへ行くこと。ホイアンといえばランタンが名物であるため、一度訪れてみたいと思った。
2.マングローブの森が広がるメコン川を手こぎボートで移動するメコンクルーズ
体験。
3.ホーチミンにある大型公園ブンソアイへ行くこと。ワニ釣りや、ダチョウ乗りなど非現実的なことを楽しむことができるから。
4.フォンニャ=ケバン国立公園にある鍾乳洞巡りをすること。

ベトナムに行ってみて困った事、これがあれば事前に用意しておけばよかったこととか。

・ トランジット入国で数時間ベトナムへ滞在したことがあるが、路上でバイクの量が半端なく多いので驚いた。かなりのスピードでクラクションもよく鳴るため信号が無い道路を横切る際は、細心の注意を払うか、現地の人と一緒に渡らないと怖い。
・ 交通渋滞が発生しやすいため、時間に余裕を持って行動するべきだと感じた。
・ 市場で買い物をする際、店員さんとの交渉が必要となってくる。最初に提示される価格は相場より高い場合が多いため、値下げ交渉をするなどうまく対策する必要があると感じた。

 

topへ戻る