ベトナムまとめ

2019年GWはベトナム旅行で!ツアーで行けるおすすめスポット10選

ベトナム王 スタッフ

投稿日:2019年2月22日 更新日: | 閲覧数:378

2019年のGW(ゴールデンウィーク)の期間は4月27日から5月6日までの10日間。過去最大級の大型連休となり、いまのうち(執筆時点で2月)からスケジュールを考えている人がほとんどかと思います。

旅行者の中にはベトナム行きを決めている方もいることでしょうが、現地でどこを観光するかはもうお決まりですか。ベトナムは移動インフラがまだ整備されていないので、初心者であればツアーに参加して行くのが安心・安全です。

そこで、今回はハノイ、ホーチミン、ダナンの3都市で参加したいおすすめツアースポットをご紹介します。

① ハロン湾(ハノイ)

ハロン湾と豪華客船

ベトナム最大級の世界遺産として人気の高いハロン湾は、ハノイから車で3時間ほど南下したところ。現在は高速道路が開通しているので、タクシーに乗って自力で行くこともできるのですが、湾内を周遊する大型客船はツアー客優先なので、乗れないこともあります。ツアーで行けば満足度はかなり高いものとなるはずです。

② チャンアン(ハノイ)

ハロン湾と景観は似てる

ハロン湾に次ぐ大スケールの自然遺産のチャンアン。2014年世界遺産登録と、比較的新しいため、まだ行ったことがない日本人も多いでしょう。こちらもハノイから2時間ほどかかり、1日がかりでの観光となるため、基本はツアー専用の観光地となります。チャンアンのあるニンビン省は歴史背景も深い場所なので、それらを説明してくれるガイドがいれば、より旅がおもしろくなるはずです。

③ バッチャン村(ハノイ)

バッチャン焼きを作っている現場見学

いまではお土産として全国で買えるバッチャン焼きと呼ばれる陶磁器ですが、これはハノイ市街から車で30分ほどで行けるバッチャン村で作られた陶器のみを指します。バッチャン村へは半日観光で楽しむことができ、ツアーに参加すれば、ろくろを回す陶器づくり体験をすることも可能です。

④ クチトンネル(ホーチミン)

ベトコンの模型

全長250km以上にも及び、隣国のカンボジアまで繋がっているといわれている巨大トンネル。ホーチミン旅行者に人気の観光地ですが、市街から車でおよそ90分と少々遠いです。また、ガイド付きでの入場が原則となります。ツアーに参加すれば、ガイドが詳しく当時の状況を説明してくれます。

⑤ メコンのジャングルクルーズ(ホーチミン)

メコン川で暮らす人々の生活ものぞける

ホーチミンで一番人気のメコン川のジャングルクルーズツアー。クチトンネルやカオダイ教総本山の見学とセットになった1日ツアーとなります。メコンツアーはきちんと観光地用に整備されているため、個人客はその敷地に入ることができません。

⑥ 蛍鑑賞(ホーチミン)

夕暮れ時のメコン川

メコン川の岸に生息する蛍を鑑賞できる郊外唯一のナイトツアー。365日見ることができるのもポイントで、満足度も高いです。催行は昼過ぎからで、日が暮れるまではボートに乗ったり、お土産を買ったりして時間を潰します。食事も含まれていることがほとんどです。

⑦ ブンタウ(ホーチミン)

バックビーチはいつも多くの海水浴客でにぎわっている

ホーチミンの隣町にあるバリア・ブンタウ。ホーチミン人にとっての週末の旅行スポットでもありますが、近年はガイドブックにも取り上げられはじめ、日本人旅行者にも知られてくるようになりました。現在では多くの旅行会社が日帰りツアーを扱っています。海水浴、シーフード、キリスト像、仏教寺院などが主な名所となります。

⑧ トゥボン川ボートクルーズ(ダナン)

夜のホイアン

ダナン近郊の世界遺産ホイアン。かつて諸外国の交易船が行き交ったトゥボン川では、現在船によるボートツアーが人気です。クアダイビーチに繋がる河口から旧市街までを往復し、古き良き町並みをゆっくりと見学することができます。個人で船主と交渉することもできますが、これだと手漕ぎボートのみとなります。ツアーではもう少し大きなモーターボートに乗れますので、その分遠くまで連れて行ってくれます。

⑨ 日帰りフエ観光(ダナン)

カイディン帝廟

中北部フエは、かつての王朝が建てた廟や別荘地が世界遺産として登録されている古き都。歴史好きの日本人にも人気の観光スポットですが、個人で行くには片道3時間と少し遠いです。ダナン市街からの日帰りツアーに参加すれば、ノンストップで世界遺産建築物まで行くことができ、効率よく要所のみを見学して、夕暮れ時に戻ってくることができます。

⑩ ランコー村(ダナン)

ランコー村の周りに広がる礁湖

ランコー村はダナンからハイヴァン峠を越えた先にある礁湖傍の小さな村。ツアーに参加すれば、ハイヴァン峠のトーチカの見学、ランコー村の散策もしくはホームステイ、礁湖の散策、海鮮ランチなどを楽しむことができます。美しくもベトナムらしい港町風情を眺めることができる、おすすめの観光スポットです。

ツアーの申し込みはお早目に

ツアーは現地で申し込む方法と、日本にいるときからネットで申し込む方法があります。現地で申し込む場合は、定員オーバーや最少催行人員に満たない場合などがあり、ツアーに参加することができないこともあります。観光の計画に支障をきたすことになるので、できれば早い段階で申し込んでください。

-ベトナムまとめ

関連記事

ベトナム人と会話で絶対使えるベトナム語自己紹介!

ベトナム人は本当に人懐っこく人見知りをしないので、観光中に声をかけられることも多々あるでしょう。そんなときにベトナム語でちょっと自己紹介することができれば、一気に相手との距離が近づきます。今回は時間をかけないで覚えられるベトナム語自己紹介編をご紹介します。

ベトナム旅行で即使える超簡単な文法10選

ベトナム旅行では現地で出会うベトナム人とベトナム語で話すことができたら素晴らしいですね。海外旅行の醍醐味でもあります。しかし、単語を並べるだけではちょっとつまらないです。そこで、今回は旅行者が簡単に覚えることができる超基礎文法を10個ご紹介します。

ベトナムに住んでよかったと思える10のこと

ベトナムは東南アジアの中でもまだまだ新興国の部類ですが、近年は発展に伴いビジネスやセカンドライフでの移住を決意する日本人も増えてきました。そこで、今回はベトナムに暮らしている日本人が「ベトナムに住んでよかった」と思える10のことをご紹介したいと思います。

ベトナム旅行者が飛行機内で覚えれるベトナム語フレーズ20選

ベトナムの公用語はベトナム語。旅行者は英語でもなんとかなるものですが、それでも現地人と現地語で意思疎通できれば、相手はもちろん喜んでくれます。そこで、今回はベトナム旅行者が覚えていてほしいベトナム語フレーズを10個ご紹介します。

旅行者に聞いた「ベトナムに行ってよかった」10の理由

近年日本人の渡航先として注目されているベトナム。全国各地に魅力ある観光地があり、2度目以降のリピーターも増えてきました。そこで、今回はベトナム旅行者に聞いた「ベトナムを選んでよかったこと」を10個集めてみました。

ベトナム王人気まとめ記事

ベトナム王まとめでアクセス数の多い記事をご紹介!