ホーチミンまとめ(観光)

ホーチミン観光の中心1区の観光スポット10選

ベトナム王 スタッフ

投稿日:2019年1月25日 更新日: | 閲覧数:812

ホーチミン旅行者のほとんどは市民劇場やベンタイン市場周辺のホテルに宿泊します。また、それと同時にこの界隈がホーチミン観光における中心エリアとなるため、初めての旅行者であれば1区を拠点に活動するのがいいでしょう。そこで、今回はその気になれば徒歩でも十分行ける1区内の観光スポットを10個ご紹介します。

① 統一会堂

DSCN3217.jpg会議室。重要な会議は現在もここで行われている

まず最初は統一会堂。ガイドブックでも堂々と見出しで紹介されているような、観光スポットの定番です。現在でも国際会議が行われたりするため、警備は厳重。ベトナム戦争終戦の場として、歴史学習するにはもってこいの名所となります。ちなみにツアーに参加すれば、ガイドがより詳しく解説してくれるのでおすすめです。

② サイゴン大教会

IMG_0915.jpg日本人にはそれほど馴染みのないカトリック教会

統一会堂から徒歩3分で行けるカトリック教会。「サイゴン大教会」、「聖母マリア教会」などと呼ばれています。他の教会よりも格式の高いバジリカに指定されている教会で、ミサの時間帯になると教会に溢れでた教徒でいっぱいになります。それ以外の時間は一般の観光客も中に入ることができ(時間指定あり)、美しいステンドグラスやキリスト像を見学することができます。

③ 中央郵便局

IMG_4697.jpgお土産店も幅広く設けられている

聖母マリア教会の目と鼻の先にある中央郵便局。エッフェル塔設計者のギュスターヴ・エッフェル氏の会社が手掛けた、駅舎をモチーフにした郵便局。ホーチミン市郵便局の本店に当たるため、毎日数多くの現地人が訪れます。また、観光地化もされているため、お土産店も多く、ここでしか買えないベトナムの古切手などもあります。限定品なので是非手に入れてみてください。

④ ロンヴァン水上人形劇場

IMG_2760.jpg水上人形劇場「レロイ王と亀」

水上人形劇は北部のハノイが発祥ですが、ここホーチミンでもいくつか鑑賞できるスポットがあります。ロンヴァン水上人形劇場はその中でも最大規模を誇る会場を持ち、毎日複数公演していて連日大盛況。ベトナムの北部を中心とした伝統や習慣、伝説をモチーフとしたプログラムを17に分けて鑑賞することができます。

⑤ ベンタイン市場

IMG_8211.jpgまるで迷路のようなベンタイン市場

ホーチミンの象徴ともいうべきベンタイン市場。4000以上のお店が隙間なく並んでいて、常に売り子の呼び声で市場は満たされています。最もベトナムらしい観光スポットであり、買わずとも歩くだけで気分は高揚するはず。定価の概念はありませんので、値段交渉は必須。またスリにも気を付けてください。

⑥ タイビン市場

IMG_1854.jpg最も賑わう午前中に行くのがおすすめ

ベンタイン市場が観光客用の市場なら、タイビン市場は現地人向けのローカル市場。市場外回りには野菜や海産物のお店が、屋内には肉類、調味料、日用品がカテゴリー別に並んでいます。お土産として買うものを見つけるのは難しいかもしれませんが、いまでも現役で活躍する現地人行きつけのタイビン市場は、ベトナムらしさを感じる観光スポットとして申し分ありません。

⑦ ビテクスコフィナンシャルタワー

IMG_2220.jpg頂上にはヘリポートもある

2010年にオープンした「ビテクスコフィナンシャルタワー」。地上68階の巨大ビルディングで、オフィスフロアと商業フロアに分かれています。サムスンや富士フィルム、トップショップといった世界的ブランドが入居している一方、フードコートやカフェ、シネマも併設。さらに展望台ではホーチミンシティを一望することができるほか、高級レストラン&バーもあります。

⑧ アオショー

A O SHOW - 8.jpgⒸAoshow

1区の中心に建つ市民劇場(オペラハウス)。普段は外観のみ撮影可能で、内部へ入場することはできません。その市民劇場では定期的に「アオショー」と呼ばれるショーが開催。竹細工を使用したアクロバットなショーです。単なるサーカスではなく、ベトナムの習慣や農村の生活の様子、昔と今の対比などをユニークに表現しています。オペラハウスに入る貴重な体験でもあるので、是非鑑賞していってください。

⑨ セントラル・モスク

IMG_1596.jpgエメラルドを基調としたモスク

ドンコイエリアのドンユー通り沿いにあるイスラムモスク。主にホーチミン在住外国人が行く場所となっていて、ビジネスパーソンのイスラム教徒が主に足を運びます。肌を過度に露出した格好だと入場できませんが、その場合は入口傍でストールを借りて、それで足を覆うことで見学することができます。

⑩ 永厳寺(ヴィンギエム寺)

IMG_9746.jpg象徴的な七重の塔

1区北部にある永厳寺は、現地の学校の教科書にも載っている由緒正しき仏教寺院。複数人の僧侶がここで寝泊まりしているため、彼らの生活も垣間見ることができます。こちらの寺院を創建した僧侶は、もともと日本で修行をした身。その証として、本堂脇にある鐘楼は日本の寺院が寄与したもの。日本語で友好の言葉が刻まれているのを見ることができます。

効率のいい市内観光観光スケジュールを作ろう

今回紹介した中で、永厳寺以外は徒歩での移動が可能。ここで紹介した以外でも博物館を中心とした数多くの観光スポットがあります。市内観光を楽しむ際は、事前にどこに行くのか、しっかりと考慮してスケジュールを作成するといいでしょう。

-ホーチミンまとめ(観光)

関連記事

【2019年上半期】ホーチミン旅行で行きたいスパ10選

ホーチミン旅行でスパを目指している人は、日本にいるうちから下調べをしていることでしょう。今回は日本人が満足する質の高いサービスを提供してくれるお店。またコスパが高いスパを10店ご紹介します。

【2018~2019年】ホーチミン旅行で買うべきお土産10選

ホーチミン旅行では南国らしいお土産を手に入れたいところ。ベトナムの伝統雑貨だけではなく、お店オリジナルのハンドメイド品やお菓子やお酒などの食品雑貨も欠かせません。そこで、今回は2018~2019年度版のホーチミン旅行一押し土産を10個ご紹介します。

ホーチミンでお土産探し!人気雑貨店10選

ホーチミンのドンコイエリアやベンタイン市場周辺には、お土産に最適な雑貨を扱うお店が数多くあります。しかし、そのすべてを梯子するわけにはいきませんよね。そこで、今回はおすすめの雑貨店を厳選して10軒ご紹介します。

絶対満足できるホーチミン市内/近郊の観光地10選

ベトナムの中でも熱帯気候に属する南部ホーチミン。旅行者を歓迎してくれる観光地はたくさんあり、2泊や3泊では到底すべて回り切れません。そこで、今回はホーチミンの市内及び近郊(郊外)でおすすめしたい観光地を厳選して10個ご紹介します。

ホーチミン旅行で楽しみたい人気のツアー10選

ホーチミン旅行では個人観光に重点を置く人が多いですが、郊外に出かける場合はツアーに参加する必要がありますし、中にはツアーでしか楽しめない観光スポットもあります。そこで、今回はホーチミンでおすすめしたい人気のツアーを10個ご紹介します。

ベトナム王人気まとめ記事

ベトナム王まとめでアクセス数の多い記事をご紹介!