ホーチミンまとめ(観光)

ベトナム・ホーチミンに来たらやりたいこと10選(まとめ)

ベトナム王 スタッフ

投稿日: | 閲覧数:615

ベトナムのホーチミンに初めて訪れた旅行・出張者は「思い出に残るベトナム旅行にしたい」、「帰国したあとに後悔したくない」と考えるものです。

そこで、ここでは「ホーチミン旅行でやりたいこと」を厳選して10個お届けします。ひとり旅から女子旅、カップル、子供連れファミリーと楽しめる観光方法をご案内します。

1.ホーチミン市内の高級スパでパッケージコースを満喫

高級ホテルスパ「KLスパ」にて

日本にいると滅多に体験することはないかもしれません。高級スパ体験は東南アジア旅行の定番となり、予算1万円前後で2~3時間のパッケージコースを楽しむことができます。

女性だけでなく男性にも好評で、カップル夫婦で申し込めば素敵なベトナム旅行の思い出になるはずです。また、お店によっては小学生向けのキッズメニューを用意しているところもありますので、子連れ家族でも諦める必要はありません。

2.屋台&食堂グルメを満喫!レストランより美味しい味に出会えるかも

ちょっと衛生面は気になるので、胃腸が弱い人は注意

日本人旅行者の中には「お腹を壊すといけないから、滞在中はレストランで食事しよう」と考えている人も多いかもしれません。確かに正しい意見ですが、一度や二度くらいは屋台や大衆食堂も体験してほしいところです。

レストランでは食べられない大衆料理や屋台グルメも数多くありますし、道端で脚の低いプラスチックの椅子に座りベトナム料理を食べる時間は、帰国後に振り返る大切な思い出になってくれるはずです。

>>ベトナム旅行者はこれを食べて!大衆グルメ10選

3.ビュッフェレストランで豪華な食事を堪能

旅行者はホテルのビュッフェを利用するのがいいかも

近年ベトナムはホーチミンやハノイといった大都市を中心に「食の多様化」が進んでいます。ベトナム料理以外の多国籍に富む料理が現地人に人気を集め、町中には相次いでビュッフェレストランがオープンしています。

旅行者におすすめしたいのは「5つ星ホテルのディナービュッフェ」です。一人予算3000~7000円程度で豪華な料理が食べ放題です。日本にいると高級ホテルのレストランでディナーを楽しむ機会はあまりないと思うので、是非こちらも体験していってください。

4.女子旅におすすめ!アオザイを着用して町歩き

ベンタイン市場にて

ベトナムの伝統民族衣装であるアオザイは外国人旅行者に高い人気があります。日本でアオザイを着て町を歩くのは少し恥ずかしいかもしれませんが、ホーチミンでは旅行者もベトナム人もみんなが当たり前のようにアオザイを着用しています。

子供用と男性用のアオザイもあり、またショップや市場に行けば既製品を買えるのでオーダーメイドの必要もありません。

5.お洒落なブランドを手に入れて!お土産雑貨巡り

ベトナムのホーチミンが日本人旅行者の間で注目されたのは90年代のころ。可愛らしいベトナム雑貨が日本女子に人気となりました。

現在もこれらの雑貨は定番として市場で買えますが、おすすめしたいのは「旅行者に人気のブランド土産」です。しっかりとしたパッケージなので誰に贈っても喜んでもらえます。とりわけ日本人に人気のブランドは「生はちみつのYUGOC」、「チョコレートのMarou」、「コーヒーのTrung Nguyen」です。

>>ホーチミンでお土産購入。買い物エリアと最新情報を紹介(2023年)

6.バックパッカーエリアでエキゾチックな夜を体験

ブイビエン通りにて

ベトナムの主要都市にはバックパッカーが滞在するエリアがありますが、ホーチミンのファングーラオは国内最大規模を誇ります。

日中は閑散としていますが、夜になるとご覧のように旅行者と現地人の若者たちが集まり、夜遅くまで宴会騒ぎをしています。コロナ後もすっかり以前の活気を取り戻していますので、是非熱気を感じるだけでも足を運んでみてください。

>>アジアの誇るベトナムバックパッカー街「ファングーラオ通り」

7.ホーチミンのベッドタウンでローカルタイムを楽しむ

活気に満ちた市場はまだまだ現役の台所

日本人旅行者にとってはホーチミン市内の行動範囲は観光スポットが集まる1区に限定されます。しかし、本当のベトナムの姿を覗いてみたいなら、ホーチミンのベッドタウンを歩いてみてはいかがでしょうか。

ホーチミン市内中心部からタクシーで30分ほど走ったところに広がる「Go Vap区」、「Thu Duc市」はベトナムらしいローカルな香り漂う魅惑のエリアです。コロナ以降流しのタクシーの数が減っているので、できればGrab(配車アプリ)を使いこなしましょう。

>>ホーチミンの下町!ローカルに浸かるならココに行こう!

8.ホーチミン一のお洒落タウン・タオディエン地区へ行こう

在住者にも人気のお洒落レストラン「ザ・デック」

ホーチミン在住欧米人が主に暮らすタオディエン地区。ホーチミン市内中心からタクシーで20分で行けるお洒落タウンです。

高級フレンチやプール&ガーデン付きのカフェ、お洒落雑貨店などが並び、西洋の町に迷い込んだような時間を楽しめます。物価は総じて高いですが、近年はタオディエン地区を回る現地ツアーも日本人に人気を集めています。

9.コロナ以降人気急上昇!バイクシティツアー

バイクの大渋滞はホーチミンの名物

バイク社会のベトナムでは一人一台バイクを所有しているのが普通です。バイクの大渋滞はいまではベトナム旅行の名物ともなっています。そのバイク天国のホーチミン市内を疾走するバイクツアーが近年人気です。

ローカルエリアを駆け抜け、屋台グルメやナイトマーケットを巡るツアー内容となり、一人から参加できます。

>>ベトナム旅行名物バイクツアー体験!楽しむポイントを紹介

10.大自然&リゾートを満喫!ホーチミン発1泊2日旅行

海と砂丘の町ムイネーにて

最後はこちら。ホーチミンは所謂「都市観光」となるため、東南アジアらしい自然風景やリゾートな風景を見るためには遠出をしなければなりません。

昨今は道路インフラも整備が進み、これまで片道6時間かけて行ったリゾート地ムイネーが僅か2時間で行けるなど、旅行者にとって嬉しい朗報が続いています。

ホーチミンの町歩きに物足りなくなった旅行者は、是非1泊2日の郊外観光を計画してみてください。

>>ホーチミン発日帰りで行ける南国リゾートエリアを徹底紹介

まとめ:短期旅行者は事前に計画を立てるのがホーチミン旅行を成功させる秘訣

今回はホーチミン旅行者に向けた「現地でやりたいこと」を10個紹介しました。ホーチミンに訪れる日本人旅行者の多くは4~5日間の旅行日数となりますが、実際現地で観光できる時間は2.5日程度です。どのような時間を過ごすかは、日本を発つ前にじっくりと検討しておくのがおすすめです。

-ホーチミンまとめ(観光)

関連記事

【2018~2019年】ホーチミン旅行で買うべきお土産10選

ホーチミン旅行では南国らしいお土産を手に入れたいところ。ベトナムの伝統雑貨だけではなく、お店オリジナルのハンドメイド品やお菓子やお酒などの食品雑貨も欠かせません。そこで、今回は2018~2019年度版のホーチミン旅行一押し土産を10個ご紹介します。

【2018~2019年】卒業旅行で行きたいホーチミンおすすめ観光スポット10選

年末年始や3月の卒業シーズンでは、学生のグループ旅行が盛ん。ホーチミンも人気の渡航先で、みんなで一緒になって楽しむことができる観光スポット、観光地がたくさんあります。そこで、今回は2018年年末年始、及び2019年卒業旅行で行きたい観光スポットを10個ご紹介します。

ブンタウ旅行で行くべき観光地10選

ホーチミンからわずか2時間で行けるブンタウは、近年旅行者にも人気の海の町。海鮮を食べて帰るのもいいですが、せっかくなので、ブンタウならではの観光地にも足を運びたいところです。そこで、今回はブンタウで行きたい場所を10個ご紹介します。

絶対満足できるホーチミン市内/近郊の観光地10選

ベトナムの中でも熱帯気候に属する南部ホーチミン。旅行者を歓迎してくれる観光地はたくさんあり、2泊や3泊では到底すべて回り切れません。そこで、今回はホーチミンの市内及び近郊(郊外)でおすすめしたい観光地を厳選して10個ご紹介します。

ホーチミンで行くべき通り10選

ベトナムでは観光エリアは地区ではなく通りの名前で覚えることとなります。南部ホーチミンに訪れたら、足を運んでほしい旅行者向けの通りが複数ありますので、今回は初めての方向けに、10個の主要の道をご紹介します。

ベトナム王人気まとめ記事

ベトナム王まとめでアクセス数の多い記事をご紹介!