1. ホーム > 
  2. まるごとベトナム料理&スイーツ

ベトナム料理ベスト5

1位フォー

日本で一番知られているベトナム料理!と言っても過言ではない「フォー」。米粉の平打ち麺(フォー)に鶏ガラや牛骨からとったスープを合わせたあっさり味の麺料理は、日本人の味覚にも合う一品。今では日本でも食べられますが、やっぱり本場は一味もふた味も違うもの!地域やお店ごとにスープやトッピングが変わるので、毎日食べても飽きることがありません。

<北部>
フォーの元祖はハノイと言われていますが、ハノイの定番は牛肉のフォー。肉の調理法や部位によっていろいろな種類がありますが、肉とスープ以外の具はネギや香草のみといたってシンプル。
<南部>
南部では半乾麺の「フーティウ」が好んで食べられています。具材は豚肉や魚介、蓮の茎など盛りだくさんで甘めの味付けが特徴。日本のつけ麺的な「汁なしフーティウ」も人気があります!

フォー イメージ

鶏肉入りフォー

鶏肉とネギ、パクチーがたっぷり入った鶏肉入りのフォー。じっくり煮込まれた濃厚な鶏ガラスープとパクリ―の相性はバツグン!!パクチー好きの人にはこちらがおすすめです。

牛肉入りフォー

ハノイ発祥の牛肉入りフォーが「フォーの元祖」と言われています。牛骨からとったスープにフォーとたっぷりのネギが入った素朴でシンプルな一杯。唐辛子、ライムは好みに応じてプラスして。

数種類の葉物とライム、唐辛子などがテーブルに運ばれてくるので自分好みに味付けを。

牛肉の赤ワイン煮込みソースのフォー。インターコンチネンタル・ダナン・サン・ペニンシュラ・リゾートにて。

麺料理=フォーじゃない! ほかにもまだある!ベトナムの麺料理

フォーとは“米粉が原料の平麺”のことであり、これは主にベトナム北部で食べられている麺。原料が同じ米粉でも、天日干しにしてフォーよりコシがある半乾麺は“フーティウ”、ところてんのように押し出して成形するビーフンは“ブン”と呼ばれています。このほかにも緑豆を原料とする“ミエン”、米粉にタピオカを混ぜてもっちりと仕上げた“バインカイン”、ホイアン名物で小麦粉が原料の“カオラウ”など、ベトナムにはたくさんの麺料理がありますから、色々食べ比べてみてください!

TOPへ

2位生春巻

茹でたエビや香草、ビーフンをライスペーパーで包んだ「生春巻」は、野菜たっぷりで油を使っていないためヘルシーメニューとして地元の人にも観光客にも人気です。料理の材料はシンプルながら、つけダレが豊富でお店によっても大きく変わるため、食べ比べるのも楽しい!最近では「手巻き生春巻」できるお店もあり、好きな具材や香草を選んで自分で巻き巻き、できるんです☆

<北部>
北部では生春巻より日本の春巻のような「揚げ春巻」が主流。皮は生春巻同様のライスペーパーでパリパリの食感、ヌクマムベースのさっぱりとしたタレでいただきます。バナナを具材とした変わりダネの揚げ春巻もあり!
<南部>
南部では生春巻がよく食べられるので、具材もバラエティー豊か。肉類を含まず野菜や豆腐、ビーフン、きのこ類のみのヘルシーなものもあります。中部では「蒸し春巻」が名物。他の春巻より皮が厚く、モチモチの食感が特徴です。

春巻き イメージ

エビの生春巻

生春巻の定番具材といえば、エビ。これは本場ベトナムでも日本と変わりありません。エビの他にはビーフン、ニラやパクチーなどの香草数種類の具材で、甘辛のタレでいただくのがお決まり!

牛肉とからし菜の生春巻

ちょっと変わったところで、ライスペーパーの代わりにからし菜で具材を巻いた生春巻をご紹介。からし菜特有の辛味が牛肉や甘めのタレにマッチして、クセになる美味しさです!

揚げ春巻

生春巻が名物と思われがちですが、ベトナム全土では揚げ春巻のほうがポピュラーで種類もたくさんあります。こんな風に点心のように提供するお店も。

豚肉の生春巻

エビや野菜のものだけではちょっとボリュームが足りない場合は、豚肉の生春巻をどうぞ!豚肉には甘辛でナッツが入っているこってりめのタレも良く合います♪

自分で巻き巻き!豚肉のライスペーパー巻

豚肉のライスペーパー巻きイメージ
生春巻きはベトナム名物料理のひとつ。中に入れる食材は茹でた海老が定番ですが、茹でた豚肉の生春巻きがとても美味しいと評判のお店をダナンで発見!2007年にオープン以来、地元民を始め、ダナンに住む日本人、観光客に圧倒的な人気を誇るダナン料理専門店。グリーンを基調とした店内は明るく開放感たっぷり!数あるメニューの中でももっちりした生地のライスペーパーにたっぷりの野菜を包んで食べる手巻き生春巻きが一番の人気です。「ベトナム人は日本人の10倍野菜を食べる」というほど、ホイアン産の野菜がたっぷり提供され、野菜の組み合わせによって多彩な味が楽しめます。
@ライスペーパー、茹でた豚肉、各種野菜、タレ(魚のヌクマム、パイナップル、レモングラス、ニンニク、唐辛子、砂糖入り)。辛いのが苦手な方は「ヌクチャム・クウシカイ(辛さ控えめ)」とスタッフにお伝えくださいね。写真は二人前となります。(一人前109,000VND=約545円)
Aライスペーパーの上に茹でた豚肉、好みの野菜を置いていきます。(3月の取材時に出された野菜は紫蘇、キュウリ、どくだみ、コリアンダー、青バナナ、ミント、レタス、ネギ)
Bお腹が空いていたら茹でた豚肉をもう一枚トッピング!かなりなボリュームに。
C豚肉2枚に野菜がたっぷり。カロリーが低いのでいくらでも食べれちゃいます。
D全部乗せたらライスペーパーを巻き巻き。きつめに巻いたほうが食べやすいです。
E店内は野菜を彷彿させる?グリーン系。陽光あふれる大きい窓に開放感たっぷり。
【店名】TRAN(チャン)
【住所】04 Le Duan(ダナン大聖堂より徒歩約7分)
【営業時間】8:00〜22:00/年中無休
Topへ

3位バインセオ

ベトナム風お好み焼きとも言える「バインセオ」は、ベトナム南部が発祥でホーチミンなどでは専門店のほか、定食屋さんや屋台でも手軽に食べることができるファストフード。米粉にココナッツミルクや卵、ターメリックを混ぜて薄く焼き、具材を入れて半分に折りたためば完成。これをレタスやからし菜に包み、ヌクチャムと呼ばれるお酢とヌクマムを合わせたタレにつけていただきます。
具材の定番はもやしで、他の具材はお店によって変わるので、いろいろなお店を巡ってお気に入りのバインセオを見つけましょう!
バインセオイメージ
@ベトナム南部発祥のベトナム風お好み焼き「バイン(粉を使った料理)セオ(鉄板で焼く時のジュージューという音)」。米粉をココナッツミルクや卵などと混ぜます。
Aフライパンで海老や豚肉などを炒め、お皿などに取り出しておきます。
Bそのフライパンに油をひいて生地を薄く広げます。その上にもやしをトッピング。フタをして1分蒸し焼きに。
C半分に折って出来上がり。レタスなどの葉で包みタレ(ヌクマムとお酢をベースにしたものが一般的)を付けて頂きます。
Topへ

4位コムガー

コムはお米、ガーは鶏を意味するコムガー=鶏ご飯は、ダナンやホイアンなどベトナム中部の名物料理。ご飯の上に鶏肉を乗せた一品ですが、鶏は茹で鶏、蒸し鶏、揚げ鶏など調理法はさまざま、細かく裂いたものを乗せたり、もも肉をドンとそのまま乗せたり、提供されるスタイルも異なります。ご飯は鶏だしで炊かれて味がついていますが、鶏肉とご飯とタレを混ぜて全部一緒に食べるのがベスト!ベトナムのお米は日本のものに近いので、日本人の口に合う料理です。食べるものに迷った時にはコムガーがおすすめ。
コムガーイメージ

今年で創業60年を迎えるコムガー専門店「BA BUOI」。ホイアンにありお客さんの殆どが地元民です。
【店名】BA BUOI(ヴァ・ブオイ)
【住所】22 Phan Chu Trinh
【営業時間】10:30〜19:30/毎月旧暦の1、15日は休み
★コムガー35,000VDN=約175円

ダナン式コムガー

ダナンのコムガーは、焼くもしくは揚げた鶏もも肉をご飯の上に乗せたものが主流。ほぐした肉をご飯に混ぜるものいいですが、豪快にかぶりついてもOK!パリパリな皮とジューシーな肉がたまらなく美味しい!実は油を使う料理が少ないベトナム料理の中では、ボリューム満点な一皿です。

ホイアン式コムガー

ご飯の上に細かく裂いた茹で鶏と玉ねぎ、香草がたっぷり乗せられたスタイルはホイアン式。タレを加えてすべてを混ぜていただきます!レモンをかければ爽やかさ倍増、暑い中でも箸が進みます。別皿で青唐辛子が添えられることが多いですが、激辛ですのでご注意を!

1988年にオープン。日本人観光客に人気が高いホイアンにあるローカル食堂です。
【店名】Dung(ズン)
【住所】38 Phan Chu Trinh
【営業時間】10:30〜19:30/毎月旧暦の1、15日は休み
★コムガー50,000VDN=約250円

Topへ

5位バインミー

バインミーはフランスから伝わったバゲットサンドイッチ。フランスパンにバターとレバーや豚肉のパテを塗り、たくさんの具を挟んだら塩・胡椒やヌクマムで味付けをして完成♪レストランや屋台で買うことができますが、ベーカリーでは焼きたてパンで作ってもらえるのでおすすめです!メインの具材はハム・ソーセージや牛肉などのスタンダードな肉系、白身魚やソフトクラブのフライを挟む魚介系の2つに大きく分けられます。メイン以外の具材は野菜、香草、チーズ、なます、目玉焼きなど。専門屋台では指さしで好きな具材を選んで注文できるので、組み合わせは無限大です☆
バインミーイメージ
バインミーイメージ

1日1500本を売り上げる
超人気店
「バイン・ミー・フォン」。
ホイアン旧市街にあり、
早朝から賑わっています。
5種類のハム、新鮮野菜、焼肉などを
めいっぱい詰め込んだ
ボリュームたっぷりの
バインミーです。

ホテルの朝食レストランで発見!

ダナンにある「グランド・メルキュール・ダナン」内のレストラン「ラ・ライブ・ゴーシェ」にて片手で食べられるバインミーが用意されています。具材はハムときゅうり、人参、ミント。女性に嬉しい小さいサイズです。この他同レストランにはフォーや生春巻きなどベトナム名物料理がビュッフェスタイルで楽しめます。

ダナンの観光地「五行山」近くのカフェ「Laluna」で発見
変わりダネのバインミー

コッペパンのような柔らかめのパンに、薄焼き卵と焼肉を挟んだバインミー。朝7時から営業しています。

バインミーイメージ
Topへ

ベトナム中部の注目リゾート「ダナン」と世界遺産の街「ホイアン」へ。本場3大料理を食べつくそう!

Danang

ダナン

ベトナム中部にある第三の都市であり、近年アジアはもちろん欧州などからも注目を集めているビーチリゾート・ダナン。ベトナム全国からあらゆる料理が集まるので、ダナンに行けばベトナム各地の料理が楽しめます。港街で新鮮な海の幸が手に入るため、ダナンの名物料理はシーフードを使ったものが多いです。
ダナン料理イメージ

ダナンっ子たちが「ミークアン」ならここと太鼓判を押す「Mi Quang 1A」。
全部乗せ40,000VND=約200円

ミークアン

ダナンの名物と言えば「ミークアン」。それぞれの家でそれぞれの味がある郷土料理です。米粉で作られた麺はきしめんのような幅広の平たいもので、エビや豚肉、香草、揚げせんべい、粗く砕いたピーナッツをトッピングし濃いめのタレをかけていただく汁なし麺です。麺と具材をよ〜く混ぜて食べるのがGood!

ブンチャーカー

港街ダナンならではの名物料理は「ブン=麺・チャー=焼き、揚げ・カー=魚」。魚介ベースに野菜や果物も加えた独特のスープで食べる、魚のさつま揚げと野菜がどっさり入った麺料理です。麺は米粉から作られた日本人にもなじみのあるビーフン。あっさり味ですがエビの発酵調味料を加えるとコク深くなり二度楽しめます。

シーフード

ダナンにはたくさんのシーフード料理店があります。レストランならココナッツ蒸しや野菜との炒めものなど、ちょっと手のかかるベトナムらしい一品を。ビーチ沿いにあるオープンエアの海鮮バーベキュー店では新鮮なシーフードを生簀やカゴからその場で選び調理法を指定、素材そのものの味を堪能することができます!

ココナッツジュースで海老を蒸し煮にする伝統的な料理。地元で獲れた新鮮な海老はふっくら柔らかです。
220,000VND=約1,100円

シーフードイメージ
Hoi An

ホイアン

1999年、世界文化遺産に登録されたホイアン。16世紀末から17世紀末まで国際貿易港として繁栄していた頃の街並みがベトナム戦争で破壊されることなく残っており、ノスタルジックな雰囲気が漂っています。交流のあった中国や日本の影響を受けており、ベトナムの中でもホイアンでしか食べられない名物料理があります。
カオラウ

コシの強い太麺に豚肉、もやし、揚げせんべい、香草などを乗せた麺料理で、少量の甘い醤油ダレを絡ませて食べます。この料理は日本の伊勢うどんがルーツという説がありますが、混ぜた後の見た目はソックリです!ベトナムでは珍しいコシの強い麺は、ホイアンの水の成分が関係するため、他では食べられないとのこと。

ホワイトローズ

エビのすり身を米粉の皮で包んで蒸した、蒸し餃子のような料理。モチモチの皮とぷりぷりのエビがヌクマムのタレとベストマッチ!材料がシンプルなので、店ごとにタレに工夫を凝らしています。トッピングされた揚げニンニクの香りも食欲をそそります。「ホワイトローズ」という名前は、その見た目から付けられました。

揚げワンタン

ワンタンをカリカリになるまで揚げて、その上に豚肉やエビ、野菜、香草などの具材を乗せていただきます。ワンタンにも具材にも味付けがされているのでタレはいりません。ワンタンの揚げ加減や具材、味付けがお店によって大きく変わるため、食べ比べてお気に入りのお店を見つけて!ビールのお供にぴったりの一品♪ 

ホワイトローズの製造卸元、その名も「ホワイトローズ」。スタッフは全員血縁者だとか。1日3000個以上作り、町中のレストランに卸しています。

Topへ

ベトナムでほっこり!カフェタイム

ベトナムエッグコーヒー

コーヒーの上に、コンデンスミルクと卵黄を混ぜたクリーム状のものを乗せるのがベトナム風のエッグコーヒー。カスタードクリームのような味わいとコーヒーの風味がぴったりで、スイーツ好きの人にオススメしたい一杯です。

ベトナムコーヒー

あらかじめコンデンスミルク入れたカップに、アルミ製のフランス式フィルターで深煎りの豆をじっくりと抽出し、混ぜて飲むのがベトナム式。これを氷の入ったグラスに注げばアイスコーヒーです。どちらも甘く濃厚な味わい。

窒素アイスクリーム

注文を受けてからアイスクリームを瞬時に完成させる「液体窒素アイスクリーム」をダナンにあるアラカルトホテル「The Top」で発見!数あるフレーバーの中でおすすめはマンゴー。食感がまろやかでマンゴーの味そのままです。

チェー

小豆や金時豆、白豆を煮たものやフルーツ、クラッシュした氷にココナッツミルクやシロップをかけたベトナムの定番スイーツ。煮豆が入っているとぜんざいのような味がします。煮豆の代わりにゼリーが入っているものも人気。22,000VND=約110円

ベトナムカフェイメージ
ベトナムカフェイメージ
カップ

注文は筆談で!!サイレントカフェ「Reaching Out Tea House」

2013年5月にホイアン旧市街の中心に位置。ホイアンのトリップアドバイザー1位に輝くカフェです。スタッフ全員が聴覚に障害があるため、筆談やハンドサインでコミュニケーションをとります。日常の喧噪をよそに店内は静寂な時間が流れていきます。
おすすめは3種類のベトナム茶が楽しめるセットティ

【店名】Reaching Out Tea House(リーチングアウトティハウス)
【住所】131 Tran Phu
【営業時間】8:30〜20:30
Reaching Out Tea Houseイメージ
Topへ