1. ホーム > 
  2. スタッフ研修レポート > 
  3. 2016年11月 ベトナム編 研修レポート 1
スタッフ研修レポート
 
 

2016年11月 ベトナム編 研修レポート 1

名古屋支店スタッフ(RY)

 
ホーチミン空港
ベトナムへ入る際はEDカード、税関申告書は不要で特に書類の提出はありませんでした。
空港到着後タラップで飛行機から降り、シャトルバスにてターミナルへ移動。
イミグレーションに向かう通路の途中に国内線の乗継便の方用の荷物に貼るシールを配っていました。

ベトナム編 研修レポートの画像1

国内線ターミナルへは一度イミグレーションを出るため荷物を一度受け取り再度預ける形になる為、その際にシールが貼ってあれば預ける際に空港スタッフに見せるとスムーズにいくとのことです。
シール配布場所過ぎて先は国際線の乗継カウンター、イミグレーションに分かれます。
案内もしっかりと出ているのでまず迷われる方はいないと思います。

ベトナム編 研修レポートの画像3 ベトナム編 研修レポートの画像2
イミグレーションカウンター前 国際線乗り継ぎ、イミグレーション案内
              
自分が乗った便の到着時間帯は結構な人数が並んでいました。 抜けるのには約20分ほど、イミグレーションをぬけ階段を降りた場所に荷物受け取りのターンテーブルがあり、その先がすぐターミナルの出口になっています。

ベトナム編 研修レポートの画像4
国際線ターミナル前、お迎えの待合場所

ベトナム編 研修レポートの画像5
国内線ターミナル(徒歩2,3分)

出口目の前は、お迎えの現地ガイドなどで賑わっていました。柵で整理されていたので、自分の担当ガイドを見つけるのにはあまり苦労しません。国際線ターミナル出口を出て左手に歩いていくと国内線のターミナルがすぐあります。ベトナム国内の乗継の場合はこちらでチェックイン等をもう一度行います。
国内線ターミナル前から大型バスに乗り、市内のニューワールドホテルへ。

ベトナム編 研修レポートの画像6

当日はそれほど渋滞がなく、スムーズに移動して大体30分ほどで到着しました。ホテルインスペクションはありませんでしたが、中心地区に位置していて利便性の高いホテル。お部屋も広めできれいでした喫煙の部屋と禁煙は階層別、基本的に部屋には日本用のプラグがさせるコンセントが各部屋一つ設置されています。変換プラグなしでそのままコンセントを差し込んでスマホの充電なども可能です。

ベトナム編 研修レポートの画像7
ニューワールドホテル スーペリアルーム

           
ベトナム編 研修レポートの画像8 ベトナム編 研修レポートの画像9
バスルーム バスルームA

ベトナム編 研修レポートの画像10
ロビー横 朝食会場

ニューワールドホテルから主要の観光地

ベトナム編 研修レポートの画像11
ベンタン市場
                 
ベンタン市場 (徒歩5分)
雑貨、お土産のお菓子、ベトナムコーヒー等々基本的にそろっている市場。市場内は商店が並び多くの観光客が訪れていました。日本人とわかると呼び込みが日本語で声をかけてきます。お土産物の値段は最初に提示された価格から約10から20%は簡単に値引き交渉可能です。うまく交渉できれば半額程度でも購入できるのでそういった楽しみ方もできます。ただ値段が不明瞭なため半額まで値切っても正規のお土産屋さんなどよりも高い場合もあるので自信のない方は見学するだけにしても良いかもしれません。商店の現地の人と値引き交渉しながら少しお話したところ、観光客が多く密度も高いのでスリなどに会う人も多いから気を付けて回った方がいいよとのことでした、どこの国でも共通ですが財布などをズボンの後ろに入れるのは取ってくださいと言っているのと同じとの事とのこと。

ベトナム編 研修レポートの画像12
ベンタン市場周辺ナイトマーケット
                
大体夜の19時ごろにはお店が閉まります。市場内が閉まるとベンタン市場の周辺に出店が出店しナイトマーケットが始まります。売っているものは基本的にベンタン市場内同じようなものですが東南アジアらしい雰囲気を味わうには良いかなと思います。
統一会堂、中央郵便局は大体車で15分ほどになるのでタクシー利用が良いかと思います。
タクシーはヴィナサンタクシー、マイリンタクシーの二つは大手なので比較的安心して利用できるタクシー会社。移動の際はこの二つを利用するのがお勧め、似た車体で上記2社を装った偽タクシーもあるようなので流しのタクシーに乗る際は気を付けて乗車した方が良いです。
こちらも海外旅行共通ですが、乗車の際はメータを使っているか、また、目安の料金を確認しておくことが大切です。


≫「2016年11月 ベトナム編 研修レポート 2」はコチラ

 

ページトップ