1. ホーム > 
  2. 世界遺産に登録されたベトナム中部の古都ホイアン

ホイアン 世界遺産に登録されたベトナム中部の古都

ホイアン画像

ホイアンってどんなところ?

ダナンの南方約30キロ、トゥボン川の河口に位置する古都「ホイアン」。
チャンパ王国時代からの古い港町で、16世紀末頃はアジアとヨーロッパの交易の中心地として栄えました。日本との貿易も非常に良好で、最盛期は1000人以上の日本人が住んでいたといわれています。
大規模な日本人街も形成されましたが、間もなく江戸幕府の政策「鎖国」が始まり、日本人の往来は途絶えてしまいました。
ホイアン地図

みどころ

  • 来遠橋(日本橋)

    ジャパニーズ・ケイブ・ブリッジとも呼ばれる木造の屋根つき橋。
    新2万ドン札にも印刷されているベトナムを代表する観光名所のひとつで、1593年頃にホイアンに住む日本人商人によって架けられたと言われています。
    橋の中には小さなお寺があり、橋の両端には可愛らしい猿と犬の象が来る人をひっそりと見まもっています。

    来遠橋画像 来遠橋画像

  • 福建會館

    17世紀に建てられた赤や黄色などの原色を使った中国風の會館(会館)。
    會館とは華僑の人々により建てられた集会場で、現在でも活用されています。ホイアンには會館がいくつかありますが、その中でも福建會館は1、2を争う規模。
    小さな庭園風の敷地の奥に建てられた會館には、福建省出身者の方が多く信仰する天后聖母が祀られています。

    福建會館画像 福建會館画像

  • 貿易陶磁博物館

    別名「海のシルクロード博物館」
    2階建ての代表的民家がそのまま博物館になっており、展示品と共にホイアンの文化に触れられます。
    ホイアン周辺で発掘された陶磁器や、沈没船から引き上げた遺物など約100店が展示され、その発掘された数々の品は興味深いものばかりです。
    日本人町や御朱印船を描いた絵巻の写真などもあり、ホイアンと日本との繋がりを感じられる展示もあります。

    貿易陶磁博物館画像 貿易陶磁博物館画像

ホイアン市内地図

ホイアンのランタン祭り

月に1度、夜のホイアンで行われるランタンを灯して町を照らす「ランタン祭り」。
旧暦14日の満月の夜に開催される行事で、開催時間は19:00-21:30。
いつもは観光客や地元の人々で賑わうチャンフンダオ通りとバクダン通りに挟まれた旧市街は、この時間帯は歩行者天国に。
この日ばかりは自転車も乗り入れ禁止になりますので、安心して楽しめます。
通りには屋台や露店が並び、馴染みが深い日本の縁日のようでありながら、どこか幻想的な雰囲気が楽しめます。

お祭りに合わせてホイアンを訪れるのはいかが? ランタン祭り開催予定日

2017年

  • 1月11日、
  • 2月10日、
  • 3月11日、
  • 4月10日、
  • 5月9日、
  • 6月8日、
  • 7月7日、
  • 8月5日、
  • 9月4日、
  • 10月3日、
  • 11月2日、
  • 12月1日、
  • 12月31日

ホイアンを巡るオプショナルツアーはこちら

対象コースはこちら

その他ツアーはこちら!