1. ホーム  > 
  2. ダナンTOP  > 
  3. 朝から夜までダナン!ダナン!ダナン!
朝から夜までダナン!ダナン!ダナン!

成田から直行便が就航しているダナンはベトナム中部の中で一番人気のリゾート都市。泊まっているホテルを拠点に、朝はビーチを散策、昼は足を伸ばしてミーソン遺跡やフエ遺跡、ホイアンなどの世界遺産観光を楽しんだり、夜はぶらぶら街歩きを楽しんだりと、1日中めいっぱい楽しめるのがダナン流の過ごし方。リゾートホテルだけで過ごすのはもったいない!ダナンでどうやって過ごしたらいいのか分からない!というアナタにぴったりのダナン情報をお届けします。さあ、次の休みはダナンへGO!たくさんの楽しい!がお待ちかねです。

おはようベトナム

日中暑いベトナムは、昼間より朝のほうが活気にあふれています。時差も2時間なので日本で7時に起きている方は、ベトナムでは5時起きという事に。その時間、すでにビーチでは太極拳やヨガをする人々で賑わい、ローカル食堂では朝食の準備が始まり、朝市では農家の方々が集まって露店を開いています。ダナンでビーチを散策するには朝がオススメです。またダナンの人々は外食率が多く、名物料理のミークワンやブンチャカーが楽しめるローカル食堂も数多く点在しています。

朝ごはん

旅行中の朝食は抜いてしまったり、近所のコンビニで買ってきて済ませることになったりしませんか?一日の元気の源は朝ごはんから!朝ごはんをしっかり食べて、観光や街歩きに繰り出しましょう!街の朝の雰囲気も楽しめるローカル食堂と、朝食がちょっとオススメのホテルをご紹介。エネルギーとちゃんとチャージしてからお出かけしましょう!

ローカル食堂

ミークワン

  • ミークワン画像@
  • ミークワン画像A
  • ミークワン画像B

ダナンの名物料理・ミークワンがそのまま店名になっています。ミークワンは、米粉で作ったきしめんのような幅広麺に海老や豚肉、野菜を乗せて濃いめのタレをかけて食べる汁なし麺。タレがしっかりした濃い味ですが、たっぷり野菜が入っているのでよく混ぜて食べてくださいね!こちらのお店は朝8時の開店と同時に満席になる人気店。ベトナムの人々の朝の風景を感じることができますよ。

ローカル食堂

ブンチャカー

  • ブンチャカー画像@
  • ブンチャカー画像A
  • ブンチャカー画像B

もう1つダナン名物の麺料理をご紹介。こちらはあっさりとした魚介のスープ&喉越しがいいビーフンを使った、温かく胃にもやさしい朝食にぴったりの麺料理です。このお店も料理名が店名になっているブンチャーカーの専門店。メニューはブンチャーカーの大か小、2つしかないので言葉に自信がなくても大丈夫ですよ!あっさり味ですが魚醤や海老味噌、生赤唐辛子などで味に変化が付けられます。

ホテル

フュージョン・マイア・
ダナン

  • フュージョン・マイア・ダナン画像@
  • フュージョン・マイア・ダナン画像A
  • フュージョン・マイア・ダナン画像B

フュージョン・マイア・ダナンは、食事と1日2回までのスパがオールインクルーシブという、オリジナリティのあるサービスで人気のラグジュアリーホテル。朝食のサービスも独自性があり「朝食はいつでも、どこでも好きな時に」というコンセプトのもと、宿泊しているヴィラやその中庭はもちろん、ビーチやプールサイドでもセッティングしてくれます!毎日、食事場所とメニューを選ぶ楽しみをどうぞ♪

宿泊するツアーは
こちら
ホテル

ビンパール・ダナン・
リゾート&ヴィラ

  • ビンパール・ダナン・
リゾート&ヴィラ画像@
  • ビンパール・ダナン・
リゾート&ヴィラ画像A
  • ビンパール・ダナン・
リゾート&ヴィラ画像B

こちらのホテルのメインダイニング「グルメ・レストラン」の朝食は、品数豊富に40〜50品ものメニューが並ぶビュッフェが好評。卵料理やフォーはその場で調理、出来たてをいただくことができます。コーヒーも注文を受けてからスタッフが淹れてくれる、本格的な一杯。店内はダークブラウンとベージュを基調とした落ち着いた雰囲気で、ゆっくり一日の予定を立てるのに最適なレストランです。

宿泊するツアーはこちら
ホテル

インターコンチネンタル・ダナン・
サン・ペニンシュラ・リゾート

  • インターコンチネンタル・ダナン・
サン・ペニンシュラ・リゾート画像@
  • インターコンチネンタル・ダナン・
サン・ペニンシュラ・リゾート画像A
  • インターコンチネンタル・ダナン・
サン・ペニンシュラ・リゾート画像B

熱帯雨林に囲まれ、眼前にはビーチが広がる自然豊かなソンチャ半島に佇む「インターコンチネンタル・ダナン・サン・ペニンシュラ・リゾート」にあるレストラン「シトロン」は、なんといっても景色もごちそう。なかでもベトナムの伝統的すげ笠「ノンラー」をかたどり、空中に吊り下がっているかのようにデザインされたテラス席は一番人気。早起きしてでもテラス席をゲットしてください!

TOPへ

朝の絶景スポット

早起きは三文の得!本当にその通りなのがダナンの朝です。ダナンのビーチエリアに泊まろう!という方には早起きをおすすめします。リゾートホテルが建ち並ぶミーケビーチやノンヌォックビーチからは地平線から上がる美しいサンライズが一望のもと。朝5時とかなり早い時間が地元の人々や観光客で賑わい真っ赤に燃える朝焼けが見え、とてもドラマチックです。

ビーチ

ノンヌォックビーチ&
ミーケビーチ

  • ノンヌォックビーチ&
ミーケビーチ画像@
  • ノンヌォックビーチ&
ミーケビーチ画像A
  • ノンヌォックビーチ&
ミーケビーチ画像B

ベトナム屈指のビーチリゾート・ダナンに滞在するなら、市街地のホテルに泊まっていたとしても一度はビーチに行っていただきたい!おすすめは朝のノンヌォックビーチとミーケビーチ。日中のビーチは日差しが強く暑すぎるので、早朝〜朝に訪れるのがおすすめです。どちらのビーチも海水浴をするというより、静かにオーシャンビューを楽しみながらくつろぐ…という過ごし方に向いているビーチです。

TOPへ

フォーシーズンズリゾート・ナムハイ・ホイアン

  • フォーシーズンズリゾート・ナムハイ・ホイアン画像@
  • フォーシーズンズリゾート・ナムハイ・ホイアン画像A
  • フォーシーズンズリゾート・ナムハイ・ホイアン画像B

ホテル施設やお部屋から景色を楽しみたい方には、ホイアンの「フォーシーズンズリゾート・ナムハイ・ホイアン」がぴったり。ダナンのお隣りにはなりますが、ダナン国際空港から車で約30分に位置しています。こちらは客室100棟が戸建てヴィラで全室が東向きのオーシャンビュー!!お部屋からサンライズをのんびり眺めることができます。また、屋外にある三段のインフィニティプールからもその先にビーチを臨むことができますよ。

ビーチリゾートダナン厳選6ホテルはこちら

朝の過ごし方

ミーケビーチやノンヌックビーチでも大音量をかけて太極拳やダンス?を楽しんでいる方もいらっしゃいますがローカル率100%!それはちょっと…と尻込みされる方はホテル主催のアクティビティはいかがでしょう。はたまたちょっと足を伸ばしてホイアンの朝市もおすすめです。市場内には食堂もあり観光客も数多く訪れています。

ホテルアクティビティ

バスケットボート/ヨガ

  • バスケットボート/ヨガ画像@
  • バスケットボート/ヨガ画像A
  • バスケットボート/ヨガ画像B

インターコンチネンタル・ダナンやフュージョン・マイアなどホテルではヨガや太極拳などアクティビティプログラムが多彩に用意されています。なかでもダナンならでのアクティビティが「バスケット・ボート・ライド(漁師たちが使っている釣り船)」。バスケットのように竹で編んだ小さいボートにスタッフと乗って海へ出かけ、ベトナム伝統文化を体験できます。(インターコンチネンタル・ダナンで催行しています)

マーケット

朝 市

  • 朝 市画像@
  • 朝 市画像A
  • 朝 市画像B

旅行に行ったら、ぜひ近くの朝市に出かけてみてください。観光スポット化している市場とは一味違って、地元の人々の生活を垣間見ることができてその土地の日常が感じられること間違いなし。ホイアン市場では朝7時頃から8時頃まで朝市が開かれており、水揚げされた魚介類や野菜、果物を求めて地元の人で賑わっています。早めにホイアンに出かけて街歩きの前に見学してみてはいかがですか?

TOPへ

こんにちはベトナム

昼間は優雅にリゾートライフを送りたい!という方にはホテルのプールがおすすめ。ダナンの6月〜8月は日本と同様に暑く、ビーチで泳いでいる人をほとんど見かけません(ビーチ散策する人も少ないです)。パラソルの下でのんびり本を読んだり、お昼寝したり…ゆっくりリズムで過ごしましょう。アクティブな方はちょっと足を伸ばして世界遺産巡りや名門ゴルフ場でのラウンドも。お得に一ヶ所でお土産を買いたいという方はロッテマートやビンマートなどのショッピングセンターへ。

昼ごはん

添乗員同行型の旅行ではない時には、旅行に昼食が含まれていない場合がほとんどです。ここで思いっきりローカルな地元メシを食べるもよし、地元で人気のレストランに行くもよし、流行最先端のカフェに行くもよし。一番フレキシブルな食事=昼食は、あえて前もって決めずその時の気分で選ぶ、そんな気ままな旅も楽しいものです♪

レストラン

マダム・ラン

  • マダム・ラン画像@
  • マダム・ラン画像A
  • マダム・ラン画像B

ハノイの旧市街の街並みを模した店舗はオープンエアの席もある開放的な雰囲気。ダナンの中心を流れるハン川を眺めながらのんびりお食事することができます。こちらではベトナム全国各地の料理を提供しているので、ダナンにいながらにして各地の名物を味わうことが可能!いろいろなメニューを頼んでシェアするのがおすすめです。土日にはベトナム田舎料理の屋台メニューも登場しますので要チェック!

カフェ

ダナンスーベニアズ&カフェ

  • ダナンスーベニアズ&カフェ画像@
  • ダナンスーベニアズ&カフェ画像A
  • ダナンスーベニアズ&カフェ画像B

観光やショッピングの途中にご飯も済ませたい人には、カフェがおすすめ。朝から夜までスルーでオープンしているので、好きな時間に立ち寄ってご飯にありつけます。この「ダナンスーベニアズ&カフェ」は雑貨やお土産物を揃えたショップに併設しているので、ショッピングの合い間の休憩にぴったり。天井まで届く大きな窓のおかげでとても明るい店内で、ほっとひと息カフェタイムをどうぞ。

昼の絶景スポット

暑い街を抜け出して、洞窟内で神秘的な光の柱に出会えるパワースポット「五行山」に出かけたり、植民地時代フランス人が発見した避暑地「バナヒルズ」で涼をとったり…ダナンは1度では行き尽くせない、魅力的なスポットがたくさん! 訪れるたびに新しい発見に満ちています。

パワースポット

五行山

  • 五行山画像@
  • 五行山画像A
  • 五行山画像B

ダナンの市街地から車で約20分のところに位置する五行山は大理石が多く発掘されることから「マーブルマウンテン」とも呼ばれ、地元の人々からもパワースポットとして親しまれています。ノンヌォックビーチから車で約5分なので、ビーチへ出かける前後に立ち寄るのもおすすめ。周囲には他に高い山や丘がないため、五行山は市街地やビーチまでをぐるりと一望できる唯一のスポットです!

オプショナルツアーは
こちら
ダナンの避暑地

バナヒルズ

  • バナヒルズ画像@
  • バナヒルズ画像A
  • バナヒルズ画像B

2013年、ダナン郊外にオープンしたテーマパーク「バナヒルズ」。標高1,487mの高さにあるため、途中ギネス記録にもなっている世界最長のケーブルカーに乗るのですが、ここからの景色が絶景!バナヒルズ到着までの空中散歩をゆっくりお楽しみください。標高が高いバナヒルズは涼しく、天候によっては肌寒いことも。昼間に訪れても快適に過ごせますよ。
屋内施設「ファンタジーパーク」も観覧車やゴーカート、3D4D映像アトラクションなどが充実していて、暑さを気にせず思い切り楽しめます。フードコートや本格フレンチレストランもあり、お食事の心配もありません!

昼の過ごし方

ダナンのゴルフ場はとても新しく、コース設計もグレッグ・ノーマンが行うなどレベルが高いことで知られています。ゴルフ場をわたる爽やかな風のなかで爽快にプレイ!はたまたダナンから車で世界遺産巡りはいかがでしょう。滞在日数がな長くても飽きることがない、それがダナンです。

ダナンゴルフクラブ
ゴルフ

ダナンゴルフクラブ

  • ダナンゴルフクラブ画像@
  • ダナンゴルフクラブ画像A
  • ダナンゴルフクラブ画像B

2010年にオープンした「ダナンゴルフクラブ」は、グレッグ・ノーマン氏が設計した本格的ゴルフコースです。市街地から車で10〜15分と近いこともあり、地元の人の他にも現地駐在員の人にも人気のゴルフクラブ。プレーヤー1人ごとに1人のキャディーさんが付きカートの運転もおまかせできるので、いたれりつくせり。1日のプレー人数が日本より少ないので、のんびりラウンドしても大丈夫です!

コースはこちら
オプショナルツアーは
こちら
世界遺産観光

世界遺産
ホイアン&ミーソン遺跡

  • 世界遺産
ホイアン&ミーソン遺跡画像@
  • 世界遺産
ホイアン&ミーソン遺跡画像A
  • 世界遺産
ホイアン&ミーソン遺跡画像B

ダナンに滞在する人の多くが、日帰りでホイアンやミーソン遺跡の世界遺産を訪れるのではないでしょうか。メジャースポットですが実際に目で見て感じて、初めて知ることもたくさんありますから、時間があるならぜひ足を運んでみてください。ダナンからホイアンまでは車で約30分、ミーソン遺跡まではさらに車で1時間。先にミーソン遺跡に出かけ、ホイアン経由でダナンに戻るルートがおすすめです。シャングルの中に佇むミーソン遺跡は手つかずのまま残されている部分も多いので、必見です。遺跡観光の後ホイアンに立ち寄り、名物料理を堪能してください。

オプショナルツアーは
こちら
TOPへ

おやすみベトナム

朝、昼だけでなく、夜も街遊びがたっぷり楽しめるのがダナン。ホテルはビーチ沿いだけでなく、街中にも点在していて周辺にはホテル周辺には人気ショップやほっこりカフェ、各国のレストラン、シーフード専門店などがずらり。涼しくなった夜の街をぶらぶら歩くのもダナンの過ごし方のひとつです。ダナンは女性同士でもリラックスして歩ける街、比較的簡単にタクシーもつかまり料金も安いので夜もしっかり遊べます。

夜ごはん

ダナンはハノイやホーチミンと並ぶ商業都市ですが、古くから港湾都市として栄えてきました。港町で美味しいものと言えば、新鮮なシーフード!ダナンにはシーフード専門のレストランがたくさんあります。その日に水揚げされたばかりの魚介類を使った料理が楽しめるので、シーフードを思う存分堪能するならディナーでの利用が一押しです。

シーフード料理
シーフード料理

BLUE WHALE

  • BLUE WHALE画像@
  • BLUE WHALE画像A
  • BLUE WHALE画像B

ミーケビーチの目の前に建つ「BLUE WHALE」。テラス席からビーチを眺めつつ新鮮なシーフードが食べられると人気のお店です。このお店の名物は鍋料理で、たっぷりの葉物野菜と魚介類を、レモングラスやウコンを加えたとんこつベースのスープで煮立てます。辛くなく特別なクセもないので日本人の舌にもぴったり。他にもはまぐりのレモングラス蒸しや、イカのナンプラー炒めなどがおすすめ!

オプショナルツアーは
こちら
シーフード料理

APSARA

  • APSARA画像@
  • APSARA画像A
  • APSARA画像B

チャンパ文明の遺跡をイメージしたエキゾチックなお店でいただけるメニューは200種類以上。細切りにした蓮の茎や野菜と海鮮を揚げせんに乗せてニョクマムを使ったタレで食べる「海鮮ハスの茎サラダ」や、ベトナム伝統料理の「海老のすり身サトウキビ焼き」「車海老のココナッツジュース蒸し」などが人気です。また、毎晩19:30〜20:30は伝統舞踊のステージが行われています。

オプショナルツアーは
こちら

夜の絶景スポット

夜のダナンは、市内の中心を流れるハン川に注目!ハン川にかかる橋は夜になるとライトアップされ、日中とは異なる表情を見せてくれます。また、ハン川沿いにはレストランやカフェバーなど夜遅くまで営業しているお店も多く、街灯や店舗の光が街を彩ります。東京のようにネオンが煌めくような夜景ではありませんが、どこか暖かみのある夜景です。

橋

ハン川にかかる橋

  • ハン川にかかる橋画像@
  • ハン川にかかる橋画像A
  • ハン川にかかる橋画像B

ダナンには5つの橋がかかっており、どの橋も美しくダナンの景観に溶け込んでいます。なかでも2つの橋は夕刻〜夜が見どころなのでご紹介します。1つは2000年に完成した最も古い「ソンハン橋」。ライトアップされた姿がとてもきれいです。もう1つは2015年に完成した「愛の桟橋」。橋にはハート型の赤いランタンが灯されるため、観光客だけではなく地元のカップルにも人気のスポットです。

ホテルバー

SKY36

  • SKY36画像@
  • SKY36画像A
  • SKY36画像B

ハン川沿いに建つノボテルホテルの屋上にある「SKY36」は、2014年にオープンしたベトナムで最も高いルーフトップバー。高さは地上166mなので、もちろん眺めは抜群!ライトアップされたソンハン橋やダナン市街の夜景が一望できます。ドレスコードがありますが短パンやサンダルがNGということで、ジーンズなどはOK。クラブミュージックがかかっているので、店内はかなり賑やかです。

夜の過ごし方

眠らない街と思えるほどネオンが煌めく街ダナン。もちろん東京の比ではありませんが、思った以上に夜景が賑やかです。それを一望できる観覧車に乗ったり、ホテルのスパで一日の疲れを癒したり、毎晩過ごし方に変化がつけられるのもダナンならではです。

アジアパーク
観覧車

アジアパーク

  • アジアパーク画像@
  • アジアパーク画像A
  • アジアパーク画像B

ダナン市街地から南へ車で約10分のところにある「アジアパーク」。アジア各国の建物を模したショップやさまざまなアトラクションがあるテーマパークなんですが、2016年現在まだまだ開発中のためか、開園が16時。夕方から予定がないな〜という場合にはぴったり(笑)。ここには琵琶湖タワーから移設した高さ115mの大きな観覧車「サンホイール」があり、ダナンの夜景をのんびり眺めることができます。
こちらは入場料を払えば(2016年現在20万VND)観覧車も含めてアトラクションが乗り放題。敷地内をぐるりと一周するモノレールもあり、乗り物好きの方にはたまらないテーマパークかも!?

スパ

マイア・スパ

  • マイア・スパ画像@
  • マイア・スパ画像A
  • マイア・スパ画像B

「フージョン・マイア・ダナン」内にあるスパですが、宿泊者以外も利用することができます。こちらのスパはメニュー表や問診票に日本語版が用意されているので、言葉が通じないか心配な人でも大丈夫。トリートメントメニューは全身ボディケアからエッセンシャルケア、マタニティーセラピーまで多彩。観光やショッピングで疲れた身体をその日のうちにほぐしたいなら、夜スパがおすすめです。

宿泊するツアーは
こちら
TOPへ

おはようからおやすみまでターゲット別過ごし方

ベトナム王オススメルート

2016年1月より成田−ダナンの直行便が毎日運航となり、ますます注目度が高まっているダナン。ビーチリゾートとしても、観光拠点としても魅力いっぱいの街です。女子旅、お子様連れの家族旅行、みんなでワイワイグループ旅行…。どんなグループで出かけても、それぞれに異なる楽しみ方ができますよ!何度でも行きたくなるような、グループ別「ダナンの過ごし方」をご提案。次は誰と、ダナンへ行きますか?

楽しい女子旅に

おすすめホテルはこちら

フュージョン・マイア・ダナン
プルマン・ダナン
パワースポットと
癒やしの休日で
キレイになる!

自然の光と風を感じながらのヨガレッスンで、心と身体にシャキッとした目覚めを!朝ヨガなんて旅行ならではの体験です♪

大理石の5つの山から成る五行山は宇宙を表しているとも言われる、パワースポット。運動不足の体には堪える!?

五行山に登ってパンパンになった足…。この疲れは持ち越したくない!ということで、夜はスパへ!きっと明日には完全復活!

点線

思い出に残る
家族旅行に

おすすめホテルはこちら

ビンパール・ダナン
ハイアット・リージェンシー・
ダナン・リゾート&スパ
アミューズメント
パークで
大はしゃぎの
休日!

日本でも朝市に出かけるのは、なかなかできないことでは?市場の雰囲気や地元の人々の日常に触れる良い機会ですよ!

ギネス記録を持つケーブルカーに乗ってバナヒルズへ!標高が高く涼しいし屋内型の遊具も数多くあり、暑さも気になりません。

テーマパークのはしごなんて日本ではまずやりませんが、入場料の安いベトナムなら「まぁいいか!」と思えちゃいますよ(笑)

点線

遊んで学べる
グループ旅行

おすすめホテルはこちら

プルクラ・ダナン
ハイアット・リージェンシー・
ダナン・リゾート&スパ
世界遺産に学び
海遊び、街遊びも
たっぷり楽しむ!

アジア屈指のビーチリゾートに来たからには、その美しいビーチを堪能して!日差しが強い日中より、朝のおでかけがおすすめ。

13世紀頃まで栄えたチャンパ王国が遺した「ミーソン遺跡」。現存しているものはベトナム戦争の戦火から逃れた貴重な遺跡です。

自然と歴史に触れたあとは、現代の文化に触れよう!ルーフトップバー「SKY36」は、地元の若者が集まるナイトスポットです☆